2015年01月19日

刀萌え女子増殖中

昨日更新したイキオイでなんとなく今日も更新。
最近オススメのWebゲームは「刀剣乱舞」です。
超カンタンに説明すると、女性向け「艦隊これくしょん」です。

「艦これ」が戦艦の美少女擬人化なのに対し、「刀剣乱舞」は日本刀のイケメン擬人化です。
こんな感じに。
dos1.jpg

ちなみにコレは現在メインに据えている「燭台切光忠(太刀/刀派:長船)」です。
艦これで言うなら「秘書艦」だね。
伊達政宗公に縁の刀らしい。
人を斬ったときに隣にあった青銅の燭台まで切れたことから名前がついたんだそーな。

刀だから当たり前だけど、名前の由来がいちいち血生臭いよ!もうやだ〜(悲しい顔)

艦これ系は艦これしかないからどうしても比べてしまうけども。
女性向けにかなり親切設計になってます。
まずチュートリアルが手取り足取り親切。
若干めんどくさくなるくらいに親切。

あとは、あんまり資材に困らない。
艦これはなんたって艦隊なので、出撃するにも資材がいるし、攻撃にも資材食うし、遠征して資材もってきてもやっぱ資材食うし、もちろん造船やオプション作成にも資材ばしばし食うし。

ところが刀は資材食わない。
出撃も今のところまったく資材を消費しないっぽい。
刀につけるオプションとして人材があるんだけども、攻撃受けると人材が0になっちゃったりしてそれを資材使って作るくらいかな、出撃で減る資材。
ていうか、木炭と玉鋼と冷却材と砥石を消費して作られる人材ってどんなんなんだろう。

というわけで資材は初っ端から刀を作るほうにどこどこ費やして、あっという間に太刀やら大太刀やらがでてきてしまったよ。
コレが初めて入手した大太刀のお兄さんでーっするんるん
どーんどんっ(衝撃)
dos.jpg

・・・・・・お兄さんです。
お姉さんじゃありませんお兄さんです。
一人称が「アタシ」ですけどお兄さんです。
大太刀の「次郎太刀」さんですよ。

ちなみに最初は打刀5本の中で1本を決めてメインに据え、鍛刀やドロップで少しずつ所持刀剣を増やしていくシステム。
最初はこの「蜂須賀虎徹(打刀/虎徹)」を選んだんだけども。
dos3.jpg

うん・・・。
和室に合わない人でねえ。
起動するたびにもにょーりとした違和感がぬぐえなかったので、その後に鍛刀ででてきた「大倶利伽羅(太刀)」に変更して。
dos4.jpg

その後、声のよさに惹かれて燭台切光忠に切り替えましたよ。
ちなみに大倶利伽羅も伊達政宗が使ってた刀らしい。
政宗公は男の趣味がいいな!揺れるハート(大きな語弊があります)

今一番ほしい刀は「へし切長谷部(打刀)」だよ!
だってCV:たるたる(新垣樽助さん/テニプリテニス木手永四郎役)なんだよ!
主君(織田信長)に捨てられて拗ねてるけど主大好きキャラらしいんだよ!
というわけで300/250/300/100レシピを延々と回しております。

CV関連でいえば、最初の5本刀のうちの一人、加州清光はなんとなくやんわりと魔王ビジュアルですが。
dos5.jpg

声も魔っすーこと増田俊樹さん(テニミュテニス1st2代目立海・幸村精市役)ですよ!ぴかぴか(新しい)

そんなこんなで1月14日にリリースしたばかりの「刀剣乱舞」。
今ならバカ強い人も少ないし、楽しく遊べるチャンスですよ!
戦闘で偵察が成功すれば、相手は雁行陣だからこちらは方陣を選べば有利なんてことも教えてくれちゃう親切設計だし。
能力アップのために馬当番や畑仕事をさせれば、高貴な刀がブツクサ言うのも聞けちゃうぜ!

歴史が題材なわりにストーリー性皆無なのが難点だけど、製作がニトロプラス(メインライター虚てんてー)だから、心配しなくてもそのうちドロドロした話になるハズだ!
それまではイケメン萌えで凌げるから大丈夫ハートたち(複数ハート)

さあ、君も審神者(さにわ/刀の主)にならないかッ!?
posted by えはら at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 江原家のおバカな日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月18日

戦隊→仮面ライダーTHE MOVIE

お久しぶりです生きてまーす!
ここんとこすっかりfacebookが生存確認の場になってますがたまにはブログも。
なにせ今日は「烈車戦隊トッキュウジャーVSキョウリュウジャーTHE MOVIE」を見た後に間10分で移動して「仮面ライダードライブ&鎧武MOVIE大戦フルスロットル」にハシゴするとゆー無茶をやったからね!

おととい、ぎゃっぴぃさんから特撮映画ハシゴのお誘いがきたので二つ返事で飛びついちゃったよ。
ライダー映画見たかったけど、きっかけがなくて!
というわけで、毎度おなじみ無問題姐さん、ぎゃっぴぃさん、私の3人で見てきました。
ネタバレはよくないのでちょこちょこだけ感想書くけども。

やっぱ戦隊MOVIEは客層がかなり小さいお友達でな。
私のナナメ後ろに座った子も、年中さんくらいか?
この子が反応かわいかったよ〜ハートたち(複数ハート)
「キングかみきった!」
とか素直に反応してて。

パパさんが
「わかった。わかったから静かにしような?」
って一生懸命なだめてたけども。

てか、他のキャストはほぼ維持してたのにキング髪ばっさりだったな。
なんとなく男前度は上がった気がするけど、キングとして出演するんならヅラでもかぶせればよかったのにと無問題姐さんと話し合ってしまったよ。
個人的にはソウジくんが肌荒れひどくて心配してしまった(余計なお世話)。

うっちー(空蝉丸)は相変わらず可愛かったよーーーーっ!揺れるハート
もう、この映画のお目当てはうっちーでしたから私。
登場から戦いまでのきょとんとした様子とか、もう心からご馳走様でした。

腐目線でも、詳しくは書きませんが一時的にうっちーが戦闘不能になってから復帰した際のシチュエーションとか。
キングがふらついたときに素早く支えるのはやっぱりうっちーとか。
キングがライトたちの会話を聞いてから部屋に戻って
「小さくても大切なもの、か・・・」
とつぶやいて最初に目線を送るのがうっちーの寝顔とか(そのあとにアミイの寝顔みて「アミイ・・・」とつぶやいてるのはスルー)。

見逃しませんよ腐ィルターは!ぴかぴか(新しい)

てか、なにげに戦隊映画は小野坂無双だったよ!あせあせ(飛び散る汗)
敵の中ボスがCV:小野坂まさやんぐで。
あーゆー素でテンション高くてうっとうしいキャラを演じさせると本当〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜にイキイキしてるな小野坂さん!

うっちー登場シーンを例にあげると
敵「こんにちはー!!!」
う「こ、こんにちはでござる!」
敵「よーっし!いいお返事だー!キミはぁ、キョウリュウゴールドの、空蝉丸くん、だねぇー!?」
う「な・・・なぜ拙者の名を?」
敵「うんうん!そぉれはねー!お兄さん、キミを倒しに来たからなんだよぉー!!!」

うん、うっとうしい。
テニプリのアフレコ現場でも小野坂さんはリハーサルからアドリブがんがん入れてきて他の出演者が面食らうという話があるので、今回もけっこうアドリブ入ってるんじゃないかなあ。
とても素晴らしく全開まさやんぐでした。

あとは、トッキュウジャーと競演するとキョウリュウジャーがすごく頼もしい大人に感じて、トッキュウジャーを演じている皆さんの「子ども感」がすごいなと思いました。

一ヶ所だけ、ライトにいいセリフを言わせるためにキングが早々と諦めてるシーンがあって、あれはキングらしくないなーと引っかかったけど、おおむね楽しく見られましたよん。

そんで、戦隊映画が終わってから徒歩で映画館通りの端から端まで移動して仮面ライダー映画へ。
こっちは小学生くらいがメイン客層かな?
大人だけで見に来てる人もけっこういる感じ。

実は、ひっそりと鎧武ロス状態になってたんだよ私。
果物ライダーが始まった当初には、まさかロスになるほど見ることになるとは思わなかった。
やっぱ跡部2人は最強布陣だよ。

わけがわからない人のために補足ペン
仮面ライダー鎧武でメロンライダーこと「仮面ライダー新月」を演じた久保田悠来さんはテニミュテニス1st2代目Aキャストで跡部景吾役を演じました。
同じく鎧武でプロフェッサー戦極凌馬(レモンライダー)を演じた青木玄徳さんはテニミュテニス2nd前半のキャストで跡部景吾役を演じました。
というわけでテニミュファンにとってはW跡部の夢の競演作だったのです。
ついでにざっとメイン若手ライダーたちを挙げると
オレンジ:ジュノンボーイ
ブドウ:ファブリーズ長男
バナナ:テニミュテニス2nd聖ルドルフ・観月はじめ役
メロン:テニミュテニス1st2代目A・跡部景吾役
レモン:テニミュテニス2nd前半・跡部景吾役
クルミ:ミュージカル忍たま乱太郎・潮江文次郎役
ドングリ:ミュージカル薄桜鬼・斎藤一役
と、テニミュ率が高い上にイケメンミュージカル経験者も多いという布陣だったんですよ。

さらに補足ペン
テニミュで跡部役を演じるのは美形でなくてはファンから許されないという掟があるためか、その後に仮面ライダーになる率がハンパなく高いです。
1st初代・加藤和樹:仮面ライダーカブト・ドレイク役
2代目A・久保田悠来:仮面ライダー鎧武・新月役
2代目B・井上正大:仮面ライダーディケイド・ディケイド役
2nd前半・青木玄徳:仮面ライダー鎧武・デューク役
2nd後半・小沼将太:ついこのあいだ跡部だったのでこれからキャスティングされる可能性も?
テニミュ後、とくにTVにも舞台にも出ずに消えていく人も多い中、4/5の確率でライダーになってるってすごいよね。

というわけで。
W跡部の対決が見られてかなりロスが昇華しました。
プロフェッサー凌馬の平坦で慇懃無礼で演技がかった口調が久々に聞けてすごい嬉しかった。
メロン兄さんは相変わらず苦労性でしたが作中かなり重要なファクターになってたのでやっぱりすごい嬉しかった。
兄さんの絶叫もご馳走様でした。
あの美形兄弟(メロンとブドウは兄弟という設定)は、見ていてホントに心が潤うな・・・。
W跡部対決は、薄い本がいくらでも作れそうなセリフが山盛りで腐的にも大満足です。
作らないけど。

あとはバナナさんのラストもシンプルで切なくていいね!
バナナさんの言動は時間の都合上、巻きが入った印象がぬぐえないけどな!

ドライブ側の感想は・・・えーっと・・・
ピース綾部が予想外に上手かったな、と。

ライダー映画はとにかく初っ端が出落ちでおもしろかったです。
こうたさんは本当にいいラストを迎えたよね。
神って最強ネタだよなー。

こうたさんとドライブが出会ってからの展開は
「バカキャラって話が早くていいな」
って印象。
脚本家さんもここらへんはかなり進めやすかっただろうなー。

・・・・・・ハシゴして見た感想はだいたいこんな感じです。
いかにお気に入りキャラを中心に見に行ったかわかる内容だなあ。
戦隊映画は昨日からはじまったばかりだし、ライダーももーちょっと上演してると思うので、気になる方は速めに見に行ってみてくださいなるんるん
posted by えはら at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 江原家のおバカな日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月21日

るろうに剣心

るろうに剣心の実写映画版、全3作をよーやく見おわりました!
そんでもって、これくらいの時期になればネタバレを恐れる人にもあんまり触れないだろーと思ったのでまとめて書く。

えっと。
そもそも1作目はもりおか映画祭で大友監督とアクション監督の谷垣さんのトークショーがあり、しかも安いから見に行った、って感じだった。
だって原作読んでないし。
そんで2作目は、健たん(と、大友監督と青木さん)の舞台挨拶があったから見に行った。
せっかく1作目、2作目と見たし、じゃあ3部作完結まで見ようかなーと今日見に行ったというわけです。

そして全部見た感想。
アクション監督ってすげえ!
映画版るろ剣は、全体のつくりに関しては原作読んでないし映画詳しくないし何ともいえないけど、とにかくアクション監督の重要さがよーーーーーっくわかった映画だった!

そのときのキャラクターの心理状況が、言葉で語られなくても殺陣見ると伝わるんだよ!
それってすごくないか!?
とくにハッキリしてたのが剣心と青紫。
2作目までは、剣心は過去の人斬りだった自分を捨てて、でもとんでもない技の冴えは健在だったのでその能力のみで局面を切り抜けてたんだなってのが、3作目でようやくわかった。
3作目、師匠の下で修行した後の剣心の殺陣が、どこがどう変わったかはわからないけど、ハッキリと相手を捕らえて一打一打正確に打ち込んでるのがわかる。
アレ、何をどう指示して、あそこまで違いが出るのかなあ。
それを実際に体現しちゃう健たんもすごいと思いますけどね!

あと、2作目を見てすごく気に入ったのが青紫でした。
伊勢谷さんがカッコいい!ってのもあるけども。
打撃がとにかく重いの。
この人に攻撃されたら確かにひとたまりもないだろーなってのが画面から伝わる。
さすがは最後の御庭番集御頭!

なんかで大友監督と谷垣アクション監督が対談してるの読んだんだけども、キャラクターによっても殺陣はずいぶん違うんだって。
「宗次郎(神木きゅん)は天性で剣を操ってるから行き当たりばったり。『あ、コレやったら上手くいっちゃった。じゃあそのまま行っちゃえ!』って感じ。青紫(伊勢谷さん)は先の先まで読んで動くタイプ」
って。
それを殺陣で、しかも他人に指示して表現しちゃうのってすごいよね〜。

で。
その青紫は確かに強く、先の先まで読んで状況を最大限に活かして戦うのですが。
実際、3作目で剣心と対決するときも二刀流の片方をブン投げて突き刺したかと思いきや、剣心が周りこんだ瞬間に抜き取って一刀ずつの戦いに慣れた剣心の間合いをブレさせるという仕掛けを何度もこころみたりするし。
いや、大画面で見てても
「いつ二刀になったよ!?」
ぐらいの瞬時なのでホントわかんないけどね!
それを実際に体現しちゃう伊勢谷さんもすごいと思いますけどね!

剣心に一回負けて、翁や操の思いにようやく気付いて、あらためて志々雄戦に乱入してきたときの青紫はもーーー・・・・・・なんて言ったらいいんだろう。
美技?
とにかく、動きのひとつひとつに芯が通ってて鮮やかなのですよ。

それを見て
「ああ、この人いままでもすっげ強かったけど、心理的にはやぶれかぶれだったんだな」
ってのがわかる。

そんなわけで映画版「るろうに剣心」は3部作全部きっちり見るべきだと思います!
1作目は吉川晃司が楽しいよ。
鵜堂刃衛という常識無視の殺人狂役なんだけども、吉川晃司の常識に縛られなさがうまくリンクしてホントに何考えてるかわからない不気味さがナイスです。

谷垣アクション監督も
「普通の人は殺陣の手順忘れると動きが止まっちゃうんだけど、吉川さんはそこから野生の本能が目覚めて段取り無視で攻撃しつづけるんだよね。だから作中(1作目)は健くんが本気で焦って攻撃防いでるシーンがあります」
って。
健たん、撮影大変だったろーなー・・・(遠い目)。

2作目はなんたって青紫が登場してくるのが重要!
あと、京都の御庭番の娘として登場する町村操こと土屋太鳳(つちやたお)ちゃんの足技がカッコいいです。
彼女はクラシックバレエやヒップホップダンスの経験者らしく、通常の運動神経ではできないであろう技もビシッとこなしてました。
あとは、刀マニアの沢下条張を仮面ライダーオーズのアンクちゃんこと三浦涼介くんが演じてた。
相変わらずガラ悪い役だったなー。
本人はまるで正反対の性格だと思うんだけどなー。

3作目は、お師匠様な福山雅治がふてぶてしくて強くてカッコいいっすよ!
福山雅治はホント・・・なんでもできるね!
道を究めちゃった人の揺るぎなさとか、眼だけで心の奥底まで見抜かれそうな強さとか、ひたひたと迫るお師匠様感。
あとはやはり、安定して『世を恨んでる』役の迫力を遺憾なく発揮している藤原竜也が素晴らしかった。
悪の魅力とはあーゆーモンかと。
妖艶で一途な高橋メアリージュンちゃんとのラストシーンは圧倒されっぱなしだったよ。
そしてそれに付き従う宗次郎役の神木きゅんは、2〜3作通して邪悪可愛かったですが、3作目には盛大にブッ壊れていく描写がまた壮絶でした。

そういえば3作目で
「ん?」
と思ったシーン。
時間の都合上、志々雄一派の十本刀はほぼ活躍の場がないのですが、浜辺の乱闘シーンで十本刀と思しき男が獣のような咆哮をあげながら斎藤一に挑みかかり、刀突の一撃であっけなく倒されるんだけども。

ちょっとだけのシーンなのに、妙に印象に残ってね。
咆哮がホントに獣そのものでね。
帰ってから調べたら、村田充(むらたみつ)だった。
よくこの衣装でちょっとだけでも気付いたな私!
001.jpg

ちなみに村田充さんは舞台版「弱虫ペダル」で御堂筋を演じている役者さんです。
仮面ライダー関連では響鬼で童子役、キバでビショップ/スワローテイルファンガイアも演じてます。
正直なところ、弱ペダで最も漫画的なとんでもないキャラである御堂筋くんを、よくもまああれほど忠実に現世に降ろしてくれたモンだと思ってます。

そーいえば3作目には北代高士さん(テニミュ1st不動峰3代目橘役)も出てるらしいんだけど、どこにいたのかなあ。

最終的に話が結局テニミュに行ってしまいましたが、なにはともあれ健たんお疲れさまでした!
いやホントにあの撮影は大変だったと思う。
健たんが、優しくて、強くて、儚くて可憐で、映画版ヒロインといっても過言ではない活躍っぷりでした。
3作目のラストで船から戻ったあたり、あまりの激しいバトルに頬傷が消えかかってたのはご愛嬌ってことで(笑)。

そして全作を通して息詰まる展開がつづく中、一服の清涼剤だったのは左之助こと青木さんでした。
真剣に戦ってるんだろーけど、どうにも左之助のバトルはおもしろくて。
3作目なんか、5回は内臓破裂で死んでなきゃおかしいくらいの大怪我に次々見舞われてたけどそのたび復活してて、実は最強なんじゃないかと思ったり。
舞台挨拶のトークでもおもしろい人だったなー。

どれほど健たんが美しく、青木さんが楽しいかは、ぜひぜひ映画本編でお楽しみくださいるんるん
posted by えはら at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 江原家のおバカな日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月10日

「るろうに剣心」盛岡・舞台挨拶

ひっさびさ投稿!
生きてます!

ちょっとSeesaaブログの書き込みがスムーズでないことがあって、すっかりブログから遠ざかってfacebookに入り浸ってましたが、今日は長文を書きたいのでブログ。

佐藤健くんの舞台挨拶つきで「るろうに剣心」みてきたー!

正確にいうと「盛岡出身の大友監督と、主演の佐藤健くんと、左之助役の青木崇高さんの舞台挨拶」がある上映でした。
監督の地元とあって、13:30〜の回と13:45〜の回、2回に分けて舞台挨拶があったんだよ。
私は13:30〜の回。

まずは映画鑑賞。
けっこうたくさん予告を見た後に突然始まった本編ですが、終わったときには16:00になってました。
少なくとも2時間超あるってことだね。
本編については後日、ブログかFBに書くとして。

舞台挨拶だよ!
私は4列目の一番右端で見てたんだけど、映画のスタッフロールが流れている間にマスコミがわらわらとスクリーン右の出入り口から出没。
階段状の通路にみっちりカメラが並ぶ並ぶ!

「よし、右端なら私はテレビに写らないな!」
と一安心。

で。
16:00に上映終わりました。
マスコミの皆さんも軒並みスタンバってます。
ここからまったくの無言でしばし放置。

私、舞台挨拶つきの上映に来たの初めてなので
「え?司会者とかすぐ出てきて
『見ごたえのある映像でしたねー♪』
とかハイテンションで語りだすんじゃないの!?あれ??たらーっ(汗)
と内心あせりつつも無言。

16:03の時点で、マイクがうっかり拾っちゃったみたいな女性の声が
「・・・みなさん待ち構えてます・・・」
とかろうじて場内に響く。
ええ、待ち構えてますとも(笑)

すぐ出てくるのかな?と思ったら16:04くらいにまず司会の女性登壇。
「皆さんこんにちは!司会進行をつとめます、みっちと申します」

誰?

いや、たぶん舞台挨拶に同行している司会者さんなんだろーなあとは思うけども。
ま、とりあえず司会者さんの誘導でいよいよ舞台挨拶開始!

左側にある観客入り口から、健くん、青木さん、大友監督の順で登場しました!
とたんに客席からは
「きゃーっ揺れるハートたけるくーん!!ハートたち(複数ハート)
という女性の歓声が!

もちろん私も言ったさ。
だって盛岡の舞台挨拶ってわりと客席が大人しくて、来たゲストが
「あれ?」
ってなるらしいから。
賑やかにしないとねっ!ぴかぴか(新しい)

ステージに登壇したら、監督が青木さんと健くんの前を横切る形で一番右まで移動し、中央が健くん、右に大友監督、左が青木さんという並び順。
さらにその左に司会者さん。

ステージに立って、しばらくマイクのコードを整えたりなんかしながら、ようやく客席に目を向けた健くんの第一声は
「いや〜近いね!」
客席が近いらしい。

 「(奥の席を見上げて)一番奥もけっこう近いね〜。(一番前の人に向かって)大丈夫?こんな近くて志々雄バーンとか来なかった?」
 「京都焼けたときに『あちっ』って前髪コゲたりしなかった?」

さすが舞台挨拶も慣れていらっしゃる・・・。
客席のあちこちに視線をちゃんと向けてますね〜。

ちなみに服装は全員黒のスーツ。
シャツも黒とか濃いグレーとかなので、なんかひとまとまりで『黒い』って印象。
健くんもがほっとしたスーツだったので、あまり華奢さは拝めなかったなあ。

司会者さんの仕切りで、まずは世界最速上映の話題に。
 「そうそう!あのへんにいる、剣心の傷の×マークがついた赤いシャツ着てる人たちが企画運営してくれたんだけど、前日の夜にまず前作を無料上映してね、カウントダウンとかもして、午前0時から世界のどこよりも早く上映してくれたんですよね」
 「あの、映画館とかも、そんなこと普通してくれないじゃないですか。夜中に上映とか。そういうことやってくれたってきいてホントうれしかったですし、映画館の方々も、ホント、ありがとうございました」
会場に向かってペコリ。

 「その世界最速上映に向けて、佐藤健さんからFAXで寄せ書きが送られたということで、今日もここに用意していただいてます。どんな言葉を送られたんですか?」
 「(額に入った寄せ書きを裏向きに受け取りながら)僕、世界最速上映やるって知らなかったんですよ。で、知ってから来たいなって思ったんですけど来られなくて、せめてメッセージをと思って急いで書いて送ったのが・・・(表に返す)」

額に入った、筆ペンででかでかと書かれた


 かたじけない。

       緋村剣心」

うん。
これ、最速上映に行った方の書き込みで見てたから知ってますけど、なかなかインパクト勝負なメッセージですよね。

 「・・・そのこころは?」
 「えっ?(突然ふられてやや焦る)えーっと、ホントありがたいなあと思って、ありがとう、って伝えたいと思って、『かたじけない。』って(笑)」

 「佐藤さんの直筆で送られたFAXということで、当日はその寄せ書きと一緒に写真を撮っている方も多かったようですよ」
 「ホントですか!?うれしいなあ。送ってよかった」

 「その他、上映だけではなくて、監督がメニューを考案されたお食事会なども開催されたんですよね?」
 「いや、僕が考えたわけではなくて、スタッフの皆さんが考えてくれたんですけど」

そこで客席から女性の声が。

 「え?『MIRURO』行ったの!?どんなメニューだった?」

健くんから『MIRURO』の名前が出るとは!
そんな一地方の上映イベントの名前を覚えていてくれたことにびっくり。

 「『左之助のペペロンチーノ』とか、『抜刀斎のミックスピザ』とか」
 「えー!左之助のペペロンチーノ気になる!どんなのだった?」
 「どんなのどんなの?」

めっちゃ普通の会話のテンションだなー!

 「斬馬刀をモチーフに、幅広のパスタでペペロンチーノに・・・」
 「斬馬刀みたいな幅広!?あそっか幅広のパスタか。色は白いの?」
 「えっ」
 「パスタの色は。白いの?」
 「はい」
 「ふーんそーなんだ。いいなー左之助のペペロンチーノ」

いや、自分モチーフのお料理も作られてるじゃないっすか。
それには触れずに左之助料理ばっか食いついちゃってるから。

 「あ。『抜刀斎のミックスピザ』っていうのは?」
 「あの、赤ピーマンで、ピザの真ん中に×って」
 「ふーん・・・」

あ、わりとありがちとか思ってるな(笑)

 「まあ、それもね」
 「うん」
 「よきかな、って(笑)」
 「(笑)」

ホント仲いいなこの二人。

そのほかにも、カクテル「INAZO」も出されたんですよーとか、MIRUROの話題がいろいろ。
註:MIRUROのFBページ見てみたら、左之助のペペロンチーノは、正しくは志々雄のペペロンチーノだったみたいです。お客さん、ちょっと勘違いしちゃったかな?)

そして順番は前後するかもしれないけど、青木さんの挨拶がおもしろかった。
 「盛岡に来たからには、日本三大麺?あ、ちがった。岩手三大麺?を食べようと思いまして。冷麺をね、ぴょんぴょん舎で食べて。でー・・・えっと、じゃじゃめん。を、えー・・・なんだっけ。ぱい・・・」
 「白龍(パイロン)」
 「そうそう!白龍!あの神社のトコね!あそこで食べて。わんこそばを、あずまや?ひがしや?」
 「東家(あずまや)。(客席に向かって)あの、僕、仕込んでないですからね!」
 「うんそう。東家で食べて。で、口直しに福田パン食べてきました」

一日で!?がく〜(落胆した顔)どんっ(衝撃)
いや一日じゃそれキツいでしょ!
どんだけ前から盛岡にいたの。

 「福田パンはねー、味があの・・・あんこの・・・」
 「あんバター?」
 「そうそうそれ!あんバター!あーよかった間違えてなくて。おいしいですよねー」

いや、たとえ広告代理店か誰かから仕込まれていた話題だとしても、それだけ地元ネタ織り込んでくれれば満足ですよ岩手県民として。

なーんて話題がありつつも、司会者さんから共演者からのメッセージがあることが発表され。
 「今日は、大友監督から紹介していただきたいとのことで」
 「そう。僕に直接来たんですよ。読み上げますね」

と、ポケットから紙を取り出して監督みずからメッセージ朗読。
「佐藤健くん。ご一緒したのはわずかな間でしたが、ぜひまた、今度は健くんの隣でボケたジジイの役でもやらせていただきたいと思っております」
みたいな。
実際はもうちょっと長いメッセージでしたが、なにせ誰からのメッセージだか分からなくて、健くんも青木さんも
「えっ?えっ??」
ってなってる中で、メッセージの最後に
 「田中眠より」
 「田中眠さんかー!」

今回はお庭番衆の総元締めとしてカッコいいジジイ役とカッコいい殺陣を披露した田中眠さんからのメッセージだったのでした。

 「撮影は重ならなかったんだっけ?」
 「うん。重ならなかったんだよね」
 「今回の撮影は6ヶ月だったんですが、田中眠さんは1ヶ月くらいだけの撮影で、ホント短い間だったんですけど、数々の伝説をね」
 「伝説を残していきましたねー」
 「ホント伝説を残していきました」

やはり眠さん、ただのジジイではないんですなー。

 「あの、眠さんって、あまり普段から薬とか使わないらしいんですよ。自分のね、治癒力だけで、わりとこう、治しちゃうみたいな。けど今回アクションもあるから、打ち身とかあって、で、スタッフさんがコールドスプレーをね、シューって、あてようとしたんだけど。眠さん普段薬使わないから、打ち身にコールドスプレーしたら『治った!!』って(笑)『すぐ治った!すごい!なんだコレ!』って、ずーっと言ってました(笑)」
 「『なんだコレ!』ってね」
 「そうそう。何回も『なんだコレ!』『なんだコレすごいぞ!』って言ってましたね(笑)」

可愛いな眠さん!

 「あと、膝に水がたまっちゃって、翌日の撮影がストップするかも、ってときがあったんですよ。そしたら眠さんが『こんなのはねえ、膝、叱っときゃ治るんだよ!』」
 「叱る!?」
 「うん。膝の細胞に『サボるな!』って叱って。そしたらホントに翌日は水がなくなってて(笑)看護婦さんが、『眠さんは人間じゃない』って言ってました(笑)」
 「人間以外の別の生き物なんだ!」

そりゃ伝説になるわ!
すごいな〜眠さん!!ぴかぴか(新しい)

てな話がありつつ16:16くらいに
 「そろそろお時間となってしまったようですので、ここからはフォトセッションとさせていただきます」
へー。
フォトセッションの時間ってのがあるんだ。
まずはスチールから。
カメラマンさんに向かって、『るろうに剣心・京都大火編 舞台挨拶ボード』を持ってニッコリ。
つづいてテレビカメラに向かってボードを持ったまま手を振ってニッコリ。
健くんはその合間に客席にも手を振ったりファンサービス。

16:18
 「では、お三方を代表して大友監督からご挨拶をお願いします」
 「先日は、健くんたちと一緒にモントリオールに行ってきました。シンガポールにも行ってきました。今回の作品は『伝説の最期編』とセットで見ないと始まらないので、そのためにも、先行上映してくださった盛岡からるろうに剣心を楽しんで、お友達にも楽しさを伝えて、盛り上げてください」
 「さすが監督の地元だな〜って思うのが、あそこ(客席のかなり後方)ウチワ持ってる人が、『けんしん』かなと思ったら『けいし』って書いてあるの!」

客席一斉に後ろを振り向くと、たしかに表に『たける』、裏に『けいし』って書いてあるウチワ作ってきてる人がいるわ!
いや、どっちが裏か表かはわかりませんけどね。
そーいや大友監督の名前は啓史だったなあ。

そのほか、6人くらいで横断幕を作ってきた人の話題にも触れつつ、16:19で舞台挨拶終了。
しゃべってたのが10分ちょっととは思えないほど実のつまった時間だったな〜。

そしてそのままお三方は隣の会場で行われる舞台挨拶に移動したわけですが、そこからの移動はどうやら客席入り口ではなかったらしいよ。
初回の舞台挨拶を見た皆さんが隣の会場前で出待ちしてたけど、出てきたのお客さんだけだったもの。
さすがにそのへんは対策とるよねー。

というわけで、初・舞台挨拶はすっごくおもしろかったです!るんるん
もちろん「るろうに剣心」の映画もおもしろかったです!

でも、どうせ見るなら7列目以降くらいの席の方がいいかも。
4列目では動きが早すぎて目が追いつかなかったよ〜あせあせ(飛び散る汗)
posted by えはら at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 江原家のおバカな日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月18日

猫耳な私

私は俗に言う「じるみみ」体質だ。
じるみみな人にはすぐわかるだろうが、じるみみでない人にはよくわからないかもしれない「じるみみ」。

えーと、耳垢が、普通ならカサカサしてると思うんですが、じるみみはゲル状なのです。
固さや粘度はだいたいジャムくらいと思っていれば間違いないんじゃないかと。

いつから「じるみみ」という単語を認識したのかはよく覚えてないんだけども、この時点では認識していた、っていうのはハッキリ覚えてる。
7歳の頃、角館に初めて花見に行ってね。
角館の花見は大変混雑するので、そのときもめっちゃ混んでたなーという記憶がうっすらと。
いやもう、なにせ35年も前の記憶なので。

そんで親子で桜並木の河川敷を歩いていたら、迷子に遭遇したのね。
私よりちょっと小さい感じだったから、5歳くらいかなあ。
ともあれ、泣いている迷子の女の子を両親と一緒に案内所まで届けて、しばらく様子を見てたんだよ。

案内所のお兄さんが
「お名前はなんていうのかなー?」
「お父さんとお母さんのこと、なんでもいいから教えてくれる?」
などなど、迷子アナウンスをするための情報を一生懸命聞き出そうとして話しかけたら、その子は泣きながらも必死に考えていろいろお話しをしてて。

「あのねっ(えぐっ)おかあさんはねっ(えぐっ)〜〜でねっ(えぐっ)、おとうさんはねっ(えぐえぐっ)じるみみでねっ(えぐっ)・・・」

他の説明は全部キレイさっぱり忘れたが
「おとうさんはじるみみでねっもうやだ〜(悲しい顔)
だけはハッキリ覚えてる。

たぶん、このときに
「じるみみじゃない人もいるんだーどんっ(衝撃)
という世界の広さに初めて出会ったんだろうな。

なにせ我が家は両親ともじるみみ。
その子の私はじるみみサラブレッドだ。
家族の中にじるみみじゃない人は一人もいなかったわけ。

今にして考えると
「耳垢の特徴を伝えたって迷子アナウンスにはカケラも役に立たないだろ」
とか
「きっとお母さんが『お父さんだけじるみみねー』とか、よくネタにしてたんだろうな」
とか、ツッコミどころ満載だが、当時の私としては
「じるみみじゃない耳垢がある!」
という衝撃がよほど印象的だったんだろうなあ。
こーして35年後にもしつこく覚えてるくらいだから。

さて、この「じるみみ」。
地域によって呼び方が違うらしい。

というのも、ネット検索するとたしかに「じるみみ」という単語も出てくるのだが、同時に
「カサカサしてない耳垢」

「ねこみみ」
とか
「あめみみ」
と呼ぶという説も出てくるので。

中にはネットの相談で
「彼氏の耳掃除をしたら、耳垢が膿みたいに黄色くてネバネバしてたんです!病気じゃないんですか!?」
みたいな投稿もあったり。

・・・病気じゃないよー。
体質だよーあせあせ(飛び散る汗)

ていうか日本人は所謂「カサみみ」が多いらしいが、欧米人には「じるみみ」が多いみたいだよー。

でね。
「じるみみ」はなんとなく語源がわかるんだ。
汁気のある耳垢ってことだろうと。

熊本では似てるけど「じゅるみみ」というらしい。
なんていうかより状況を擬音っぽく表現してるよね。

知人の個人研究によると、方言は同心円状に分布しているらしい。
沖縄方言だと思っていた「ふらー」が北海道でも使われていたりとか。
九州のじーちゃんばーちゃんがインタビューされてる口調を聞いて
「東北のじーちゃんばーちゃんみたいだなあ」
と思うこともよくあるし。

そう考えると、けっこう昔に「じるみみ」もしくは「じゅるみみ」という表現が発生して全国に広がり、その後、中心部では「ねこみみ」やら「あめみみ」が新しい表現として台頭してきたのかな?

さてそこで問題です。
「ねこみみ」の語源は、やはり猫?猫
となると猫の耳垢はじるみみなの?

我が家は犬とハムスターと金魚しか飼ったことないから猫はわからないのよねー。
ちなみに犬の耳垢についてもよくわからない。
ミニチュアダックスは垂れ耳で耳の奥がよく見えないため、いつもウエットティッシュで拭き取ってるからねえ。

猫飼いの皆様。
猫の耳垢情報を期待して待ってます!

そんで、もうひとつの「あめみみ」ですよ。
聞いた瞬間に
「耳垢があめてるってことか」
と思ったけど、よく考えたら「あめる」って岩手の方言じゃないか!

岩手以外の人のために補足ペン
「あめる」とは、「腐ってダメになる」という意味の方言です。
「夜にはおにぎりあめるんでないの?」
「煮物あめてらから(食べるの)やめとけ」
などのように使います。

「あめ」は普通に考えたら「雨」か「飴」か、どっちかだよね。
汁気があることから「雨耳」なのか。
それとも飴色をして水飴っぽい形状だから「飴耳」なのか。

今更そんな耳垢の特殊形状の俗称について語源を詳しく知っている人がいるとも思えないけども。
気になったのであえてネタにしてみた。

ねこみみは本当に「猫耳」なのか?
あめみみの「あめ」は「あめる」だったりしないか?
どこらへんで「ねこみみ」「あめみみ」「じるみみ」の境界線が発生しているのか!?
更に第四勢力が発生している可能性も!手(グー)

明日を生きるためにまったく役に立たない知識ですが、わかったら面白いよね。

方言の分布といえば、最近ネットで
「グーとパーで分かれましょ」 だけじゃなかった!? 色々ありすぎなグー・パーの掛け声
てのが話題になったりしてますが。
gupa.jpg

MAPでハブられている東北地方な私は
「グーどっパ!」
だった。
四国に似てるけども、間は「どっ」だ。
コレは訛っただけかもね?
posted by えはら at 23:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 江原家のおバカな日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月02日

最終回直前のブレイブ

ひっさしぶりの特撮日記だよ〜。
いや、そろそろキョウリュウジャーが最終回間近なので。
いよいよ来週は最終回らしいですよ。
どーやらYosakoiチーム鴒のダンスビデオは流れないままに終わりそうだよ。

だいぶ特撮日記があいてしまったのでこれまでのあらすじ
なんだかんだで10人(赤/青/黒/緑/ピンク/金/シアン/グレー/バイオレット/銀)に増えたキョウリュウジャー。
たぶん色数として過去最高。
ずっと悪の組織「デーボス軍」と戦ってきたわけですが、そもそも「大地の闇」という地獄のよーなところがあり、そこから魔物が次々と出てくるのがわかったため、全力で封鎖することに。
ちなみに司令官は「大地の闇」に行けるスピリット体になるために自ら殺されてます。
悪の組織はそれを阻止しよーとパワー全開で対抗。
地球滅亡まであと5時間。
どうなるキョウリュウジャー!?

うーん、最終回間近っぽい煮詰まりっぷりです。

冒頭で現在10人といいましたが。
正式には、メインメンバーが最初の6人。
バイオレットは初代が爺ちゃんで、孫娘が2代目。
あとは銀以外がスピリット体(遠い過去にキョウリュウジャーで、現在は気合で存在を維持している半幽霊な人たち)。

銀はなんつーか、反則気味なほど万能です。

そんで、司令官がスピリット体として地獄で粛清をがんばっているので、スピリットな皆さんはそっちに加勢。
代わりにそれぞれ2代目を用意したり、いろいろ面倒見いいなぁご先祖様。

ちなみに初代バイオレットは年齢の関係上、戦闘には参加できないのでメカを操って地上戦に加勢。

とにかく地上勢のうち、今現在暴れている悪者は2代目たちと初代バイオレットで対処し、メインメンバーは地球を滅亡させようとしている悪の要塞を破壊しに向かいます。
が。
悪の罠にちょっとかかって変身が封じられてしまうことに。

そこに現れた敵幹部2人!
そんなときに状況を打開するのはやはりウッチーですよ!ぴかぴか(新しい)

 「各々方!ここは拙者一人にお任せを!
 獣電池の力は無事。ならば、生身でも戦う術はあるはずでござる!
 キング殿に最後の一撃を決めていただくためにも、まずはこの拙者に先陣を切らせてくだされ!」

そんな。
6人がかりだって倒せるかどーかわかんないくらい、敵の幹部中の幹部が2人なのに。

しかしキング殿が決断。

 「その心意気、しかと受け止めた!」

えっ。
なんで時代言葉?
キングはキングで殿じゃないんじゃなかったんかい?

ともかく
「早く要塞倒してウッチー助けなきゃ」
ということに意見がまとまり、5人は要塞に向けて再出発。

さらに、よくよく出てくるダム上の通路みたいなトコで悪の雑魚が数体襲ってきた。
ここでのっさん
「ここはボクの得意分野でしょ。みんなは早く要塞に行って」
と捨て身宣言。

つづいて要塞前の広場で悪の雑魚がウジャウジャ発生。
ここではイアンソウジ
「出番だね」
と捨て身宣言。

ついにはキングアミイだけで要塞に乗り込むことに。
2人が要塞に突撃した後、イアンが背中合わせのソウジに向かって

 「今のうちに言っておきたいことがある」
 「何だイアン?」
 「お前は驚くほど強くなった。最期が一緒でうれしいぜ、ソウジ」

っきゃーーーーーーーーーー!!揺れるハート
かなり冒頭から
「番組としては緑黒CP方向だよね?」
と思ってましたが、緑黒な皆さんに最大の爆弾が投下されましたよ〜。

いや別に黒緑でもいいんだけどさ。
私が二次創作するんなら緑黒だなと思って。
腐女子にとって掛け算の順番は重要なんだよ!

さて、最初の捨て身宣言なウッチーに戻ってと。
そりゃ敵幹部2人相手だから、当たり前に苦戦。
ウッチー、フルボッコです。

そのとき、「怒」のドゴルドがエンドルフに
 「アンタの恨みのパワーで空蝉丸の動きを止めてくれよ」
と依頼。

わー、動きも止められちゃって、ウッチー絶体絶命!ふらふら
と思ったら。
ドゴルドがなぜかエンドルフを斬ってた。

以前の戦いでウッチーに諌められたドゴルドは、悪党なりの誇りをその言葉によって思い出し、ドゴルドを傀儡にするエンドルフを討ってやろうと画策していたのでした。
さらにウッチーと合体まで果たして超必殺技を放ち、エンドルフ消滅。

 「さあ、今度は俺たちの決着だ」
しかし攻撃をためらうウッチー。

そう。
ドゴルドはすったもんだの最中にウッチーを何度もかばったため致命傷を負い、放っておいてももう死ぬ状態。

 「さっさと構えろよ。・・・空気読めよ」

なんなの、このカッコ良さは。
そして悪役に「空気読め」といわれる正義の味方。

そーしてウッチーはドゴルドの願いどおり、一刀のもとに倒して、虫の息なドゴルドと背中合わせに。

 「お主、最期は拙者に倒されるつもりでござったか!」
 「・・・ありがとよ・・・俺のワガママにつきあってくれて」

 「悪党のくせに殊勝なことを申すな。えい、腹立たしい」

「腹立たしい」はドゴルドの口癖。
最後にその一言で心を通わせたウッチーに笑いながら

 「そうかい。腹立たしいかい・・・」
ドゴルド消滅。

ドゴルドが消えた大地に向かって正座し

 「ドゴルド・・・憎き、宿敵。だが、最期の最期に、武人としての意地、見せてもらった・・・!」

一礼したと同時に、美形らしく口の端から血を一筋流して大地に突っ伏すウッチー。

力なく地面に伏せた顔を微笑みの形に歪ませながら

 「やりましたぞキング殿。・・・・・・各々方
 ぱーふぇくとで・・・ござる・・・」

がくっ。

ウッチー!がく〜(落胆した顔)
もしや『恐竜モチーフ戦隊の6人目はシリーズ途中で死ぬ』法則発動!?

とドキドキしながらも、同時に
「あの体勢でそんなセリフしゃべってたら、口の中が相当土臭くなってしまうのではたらーっ(汗)
冷静に役者さんの身を案じていたことも一応付け加えさせていただきます。

ともあれ、ウッチーが瀕死、も窮地に陥り、ピンクは敵のド真ん中に!
というところで今週は終了。
広げた風呂敷は1話で回収しきれるのか!?
どーなる最終回!どんっ(衝撃)

希望的観測では、ウッチー死なないフラグだと思ってますよ。
剣のダディャーナザン的な。
posted by えはら at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 江原家のおバカな日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月28日

沖縄土産にぜひ

そーいや今日、職場の昼休みに
「来月の5日〜11日まで、カワトクに沖縄物産展が来るんですよー」
な話になって。

そっから沖縄土産とかいろいろ話が盛り上がったのですが。
そーいや一般の人は知らないんだよなと思ってアノ話を振ってみた。

「沖縄には、テニスの王子様テニスバージョンのちんすこうも売ってるんです」
「はあ!?」

うん、そーだよね。
わけがわからないよね。
テニプリファンにもよくわからないもの。

あえて詳細には触れずに
「ネット検索すると画像とか出てきますよ〜」
だけお伝えしたところ、タブレットで検索して爆笑してた。

そりゃそうだろ。
だっていきなり
chinsukou.jpg

だもの。

その衝撃から立ち直ると、次に出てくる画像が
chinsukou2.jpg

だしね。

ちんすこうでエクスタシーですよ。
どう考えても下ネタ。

えーと、一応フォローさせてもらえるかな?
この黄緑色の方はね、四天宝寺テニス部の部長の白石くんでね。

口癖が
「んんーっ、絶頂(エクスタシー)!」
なだけなの!

・・・・・・なんだろう。
この、
「フォローしたし事実を言ったまでなのに、全然フォローになってない」
感はたらーっ(汗)

ほ、ほら、世の中には「中二病」っつーものがあるし。
彼ら一応「中学3年生」って設定なので、そーゆー突拍子もない口癖があったっていいじゃないかにんげんだもの@みつお。

そーだよ。
1年近くも黄金のガントレットを(試合の最中も)左腕に装着しつづけ、それを隠すために包帯ぐるぐる巻きにして、あげく包帯の理由を
「毒手を抑えるため」
と説明するくらい、中学生ならうっかりやっちゃうさ!

というわけで、黄緑色の方で左腕がやけに光ってるのは、純金のガントレットが現れた瞬間の画像だからですよ。

ちなみに跡部様の口癖は
「俺様の美技に酔いな!」
なので。
そんなこんなでちんすこうにも酔わせるおつもりのようです。

ついでに説明すると、他にも名言はたくさんあってだな。
最初の頃は必殺技の名前が
「破滅への輪舞曲(ロンド)」
だったりしたのですが、相手の弱点を見破る「眼力(インサイト)」が強力になるにつれて、死角を氷柱で表しては
「ほうら、凍れ!」
と煽る「氷の世界」なんつー、ある一定の年代からは井上陽水か筋肉少女帯が脳裏によぎるよーな技を編み出しまして。

さらに強力になりすぎて、とうとう裸眼で相手をレントゲン撮影できるまでに至りました。
な・・・何を言ってるかわからねーと思うが(略)。

その際の決め台詞は
「スケスケだぜ!」

技の名前は
「跡部王国(あとべキングダム)」
です。

微妙に違うバージョンでは
「ツルスケじゃねーの!」
と、やっぱり只者でないボキャブラリーセンスが光ります。

テニプリファンにはなぜか
「誰のファンであっても跡部様の誕生日はお祝いする」
という不文律のよーなものがあって。

10月4日の誕生日は、日付が変わった途端にtwitterトレンドの上位6つまでが
♯跡部様
♯跡部様お誕生日
♯跡部景吾生誕祭2013
♯跡部様誕生日
♯birthdayじゃねーの
#2013年跡部景吾聖誕祭

で埋め尽くされるという事態が発生し。
(この日記を書くために「ついっぷる」で確認したが0時20分はホントにこの状態)

翌日のNHKではtwitterのビッグデータを解析する番組で堂々一位として「跡部様」という文字がデカデカと画面を飾り。

その番組の年末特番では、あまりのビッグデータぶりに、とうとう跡部様画像まで引っ張り出して放送するという事件がありました。

そんで「跡部王国」の技がスクエアジャンプの紙面に載った日は
「跡部王国建国記念日」
として、やはり祝われることになり。
聖誕祭まではいかないものの、twitterのあちこちでお祝い画像が舞い飛んでましたよ。

まあ、こんなハデな2人を引き合いに出されたんじゃーね。
比嘉中5人が束になってかかっても、全然対抗できないんだよね・・・。
chinsukou3.jpg

唯一の沖縄の学校なんだけどなーもうやだ〜(悲しい顔)
posted by えはら at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 江原家のおバカな日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月20日

テニミュ2nd 四天宝寺戦

テニミュテニス行ってきたー!

と。
その前に。

あけましておめでとうございます。
かなり稀なブログ出現度合いになっちゃってますが元気に生きてます。

そうそう。
そんでテニミュ見てきたんですよ。
宮城県名取市で行われた「テニミュ2nd 青学vs四天宝寺」仙台公演!

名取なのに仙台公演。
で、18日、19日とそれぞれ昼・夜公演があったわけですが。
私は19日の昼と夜をブッ通しで見てきたよ〜。

2ndになってからは地方千秋楽含みで昼夜チケットを押さえてるねえ。
なんたって千秋楽公演はキャストのご挨拶が最後につくからちょっとお徳感あるし。

テニミュに詳しくない大部分の人に補足ペン
テニミュこと「ミュージカル テニスの王子様」は、コミックス「テニスの王子様」全42巻分のストーリーを2003年〜2010年にかけて一度まるっとミュージカルとして完結しました。
でもまだ人気あるコンテンツだったので、もう一度最初からストーリーを上演していこうという話が持ち上がりまして。
2度目の「最初から」は「テニミュ2ndシーズン」としての公演を行っています。

で。
私は1stの比嘉公演から見始めたんだけども。
なんたって比嘉ファンだし。
そこから、ひとつ飛ばして四天宝寺、立海、立海と、1stは4公演かな。

2ndになって、テニミュ映画祭映画(ミュージカルの映像が映画館で上演されるイベント)で氷帝・六角を見て、本公演はまた比嘉から氷帝みて今回の四天宝寺で3公演目。
しかも2ndからは、東京の大千秋楽が映画館でライブビューイング(ミュージカルの映像が映画館に生中継)されるよーになったので、比嘉はライビュも見てますよ。
氷帝ライビュはヨサコイイベントがあったので泣く泣く諦めたよ・・・もうやだ〜(悲しい顔)

でね、さすがに同じモンを同じよーに上演するのは主催者側も気が引けるらしく。
1stと2ndではいろいろ変えてきてます。

まず、上演スピードが速い。
上記のように1stではコミックス全巻分を7年かけて上演してます。
現在の四天宝寺まででも開始から5年目でようやく到達したんだよね。

2ndではなんと!
同じストーリーに2年ちょいで到達。
かなりぎゅっと凝縮してるわけです。

どーしてそんなことが可能かとゆーと、これまでは丹念にストーリーを追ってたから、1つのライバル校に対して2公演を裂いたりしてたのを、なんとか1公演に収めたりしてる。

詳しく書くと

@青学内
A青学内
B不動峰戦
C聖ルドルフ戦
D山吹戦
E関東・氷帝戦1
F関東・氷帝戦2
G六角戦
H関東・立海戦1
I関東・立海戦2
J比嘉戦
K全国・氷帝戦
L四天宝寺戦
M全国・立海戦1
N全国・立海戦2


と15公演に分けていたものが2ndでは

@不動峰戦
A聖ルドルフ戦&山吹戦
B関東・氷帝戦
C六角戦
D関東・立海戦
E比嘉戦
F全国・氷帝戦
G四天宝寺戦
 ←イマココ
ときて恐らく
H全国・立海戦

I全国・立海戦2
くらいまでやるのかなと。

(実は1stでは聖ルド後に再度不動峰スペシャルマッチが入っていますが、私は見てないから最初の不動峰とどう違うかわからず割愛しました)

で、同じキャストを何年も同じ役に拘束するのも大変なので、主役校の青学も代替わりします。
1stでは5代目まで行きましたが、2ndは6・7代目の2代のみ。
んで6代目が5公演したから、7代目も5公演するために立海を2回に分けるのかな?て感じ。

あとは、まぁいろいろ演出も変わってるけど、大きく変わったのは校歌かな。
いや、もちろん本物の校歌ではなくて。
ライバル校の自己紹介的な歌が、わりとミュージカルの序盤にあってね。
各校の特色を端的に表してるので、便宜上「校歌」と呼ばれてるんだよ。

稀に校歌がない学校とかもありましたが(山吹)、2ndでは全校に校歌できた。
そんで、1stとは似てるけどまた違う歌になってるので覚えるのがちょっと大変。

歌といえば、2ndは笑える曲減ったねえ!
スポーツもの(一応)のミュージカルに笑える曲を求めるファン心理も
「どうかしてるぜ!あせあせ(飛び散る汗)
って感じではありますが、それもテニミュらしさのひとつかなって気もするので。

と。
ここまで前置きで。
続きは明日!とかいうとまた書かないからこのまま書く!
長くてごめん!!

今回の四天宝寺戦では、かなり手塚をガン見してきたよー!
7代目手塚な多和田くんはホントいい手塚ですね。
6代目手塚の和田くんも顔が好みだったんだけども。

多和田くんはダンスが自然に上手い。
なんというか、ものすごく派手なダンスではないの。
でも上手い人のダンスは派手じゃなくても体軸や手先の始末なんかでちゃんとにじみ出るよねぇ・・・。

7代目は比嘉戦からなんだけど、なにせ比嘉は木手様しか見てなかったから多和田くんにはほぼ気が付かなかったのですが。
それでもダンスの際の背中がちゃんと手塚で
「この人、上手いなあ」
って印象はあった。

その後、氷帝戦・四天宝寺戦と多和田くんを見て、やっぱ飽きないね。
歌も芝居もそこそこきちんとできてるし、器用な人なんではないかなーと思う。
これで、さ行の発音が苦手じゃなければホントに引っかかりポイントのない手塚だったね!

でも今回のイチオシは多和田くんではなかったんだよ。
なんと!
君沢ユウキさんです。

えーと、特撮ファンにとっては、「仮面ライダーW」の悪役サイド娘婿な霧彦さんとかでおなじみ?
そのほかにも、電王やらゴーカイジャーやらにちょいちょい出てて、今はドラマ「S─最後の警官─」にボクシングジムの後輩役でご出演。

その君沢さんが、四天宝寺中の監督・渡邊オサム役で出演してたの。
いやー上手かった!揺れるハート
なんていうかなあ。
踏んでる場数が違うなって。

あれだけのイケメンの集団にいながら、埋没しないんだよ!
監督だからそんなに活躍の場はないのに、気付けば最終的に印象に残ってるのはオサムちゃんだよ。
早台詞とかでちょい聞き取りづらいトコはあったけど(会場の音響のせいかも?)、セリフ・ダンス・歌・演技・フリートーク、どれをとっても欠けがない!

しかも、舞台上にいるのは「オサムちゃん」であって「君沢さん」ではなかった。
そりゃミュージカル見に行ってるんだから当たり前だろうといわれるかもしれないが、テニミュでは一般舞台の当たり前は通用しないんっす!

うーん、どう伝えたらいいかわからないけど、すごかったなー!ぴかぴか(新しい)
ただ、セリフの大部分をオサムちゃんにとられてしまった白石はけっこう空気になっちゃってたなー。

あっそうそう。
2ndの四天宝戦を見て、改めて
「盛岡で見た1st5B四天の白石と千歳は、イケメンミュージカルとしては異例のバケモノだったな」
ということを今更理解した。

うん。
イケメンミュージカルのキャストとしては、今回の白石や千歳の演技が普通だと思う。
それぞれ悪くないっす。

ただ、1st四天Bの千歳は子役時代から舞台で主役張ってきたという、とてつもない土台があったし。
B白石に至っては、ファンの誰よりも白石ファンになって全白石グッズを買い集め、私生活でも白石要素を取り込みまくり、アニメから白石の全仕草を完コピするという異常な徹底ぶりで白石を体現してしまったんだなと。

それらの「濃さ」が今後の芸能生活に直結するかとゆーと、それはまたわからないところが芸能界の難しさなんだろーね。

他にも、タカさんよかったよーとか、氷帝がゲストじゃなかったよーとか、ラストで近くに来た乾も大石も財前もめっちゃイケメンでビックリした!とか語りたいことはあるけども。
私的メインは多和田くんと君沢さんだったと思うの今回!

とりあえず第一弾語りつくしたので、機会があればタカさんとか語るかもー。
そして次回のブログはこんなに間を空けずに書けたらいいなーと思うには思ってるたらーっ(汗)

あっそうそう。
最後になりましたが、2nd木手様役の土井くん、お誕生日おめでとう!
去年の1月20日に仙台公演千秋楽で偶然に誕生日を祝ってからもう1年経っちゃったんだな!
ちょうど1年後にテニミュブログを書いてるわけだし祝ってみたよプレゼント
posted by えはら at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | テニミュ 岩手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月24日

アレな出合さん大増量

いやもう久々にツッコませてくれ。
キョウリュウジャーの演出陣は
「出合さんにいかに意外なことをさせるか」
しか頭にないのか!?

本当にありがとうございます!!るんるん

今週のキョウリュウジャーは出合さん・・・じゃない。
キョウリュウグレーこと鉄砕さんの子孫のお話でした。

えっと。
キョウリュウグレーというのは、現役の戦士ではあるんだけどもメイン戦士ではなくて。
かつてキョウリュウジャーとして戦い、スピリットレンジャーとして存在しつづけている方の中の一人。
チートキャラな助っ人と考えればいいかも。

一度死んでるかどうかは・・・えーと、どうなんだろう。
あ、一旦死んでるけどキョウリュウスピリットで存在を維持してるのか。

他にはキョウリュウシアンというスピリットレンジャーもいます。
キョウリュウシルバーは・・・一応スピリットレンジャーカウントだけど、司令官トリンが変身するしなー。
トリン多分死んだことはないだろうしなー。
(作中で死んだことはあるが蘇生した)

あと、番外として研究メインだけど戦うことも可能なキョウリュウバイオレットちゃんもいます。
可愛い眼鏡っ娘です。
助っ人内では唯一存命中の人間です(妙な表現)

冒頭でキングとすれ違うスーパーサイヤ人ヅラのロック兄ちゃんがいきなり出合さん(グレー)。
うんまあ、どう見てもアヤシイ頭と動きだったから、絶対モブキャラじゃないだろとは思ってましたけどね。

そんで2人がピンクの後をつけてったら、なんとグレーの子孫発見!
もちろん出合さん。
しかも、正体を隠して執筆する少女マンガ家!
お前は「月間少女野崎くん」か!
まあ野崎くんは隠してなくて誰にも信じてもらえないだけだけども。

というわけで。
グレーの子孫な真也さんは、オタクでさわやかな青年を強調するために無造作セミロン毛+制服のよー濃紺ジャケット&チェックシャツ。
青年・・・?
これは青年なの?
中年じゃ(自主規制)

ちょっと前の戦いでキョウリュウスピリット失ってしまったグレーは、それでもなんとか存在を維持できていて。
次の戦士を探している最中だったのです。

「少女マンガなんという軟弱なものを作りおって〜〜〜!むかっ(怒り)
と怒り心頭ですが、まあなんとか教育してさっさと後継にしちゃえ!作戦開始。

その作戦とは
「俺はお前のご先祖様だ」
と、窓から不法侵入。
しかもギリシャ神話的コスプレで。

この回だけで出合さんてば
・怪しい白カンフー服(鉄砕)
・怪しいロック兄ちゃん(登場時)
・オタクな青年
・怪しいギリシャ神話

4つもコスプレしてらー。

演出さんたちに愛されててよかったねえ出合さん。
愛はときどき歪むものだよ。うん。

そんで、素性を隠した上で病気のファンへのお見舞いをピンクに頼むのではなくて、自力で行ってこい!とたきつけるグレー。
その間にすったもんだあって、怪物に襲われたピンクを生身の子孫が助けたり。

子孫の勇姿に

「最終的には 気 合 だ 」

ということを学び、気合だけでキョウリュウスピリットも復活し、グレーに変身して怪物退治してめでたしめでたし。

うん。
キョウリュウジャーはさ、こういうとこがいいよね。
科学的演出とか論理的裏づけとかそーゆー細かいことは気にしない!
世の中、勇気と気合ですべてなんとかなる!手(グー)
的な。

たいへんお子様にわかりやすいストーリーだなと。

12月に公開される映画は4月の映画のよーに
「殴り合って解決」
な、わかりやすい男の友情ストーリーになっちゃったりするのかな!?

それはそれで楽しみだなあ。
出合さん(生身)とウッチー(生身)の活躍がたくさんありますよーにぴかぴか(新しい)
posted by えはら at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 江原家のおバカな日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月20日

プロが教える発声法

ここんとこお仕事でかれこれ1ヶ月半ほど電話かけをし続けているのですが。
そりゃもう朝から晩まで。
おんなじ内容を違う相手に伝えまくるわけですよ。

さすがに1ヶ月半も同じことを繰り返し言ってると、だんだん舌が疲れてきて、発声しづらい音とか出てくるんだよね。
ここ1週間ほど
「ら行が言いづらいなーたらーっ(汗)
と思ってたら、今日はさ行まであやふやに。

さすがに2つも発声しづらいとお仕事に支障がでてくるし。
なんとかならんモンかな?と思って。
以前テレビで見た劇団四季の発声法を試してみた。

セリフをハッキリ発声して、客席に伝わりやすくする練習らしいんだけどね。
発声というよりは発音法かな?
セリフを全部母音(あ行)に直して言うっていうヤツ。

たとえば
「本日は晴天なり」
なら
「おんいうあ、えいえんあい」
って言うというものなんだけども。

ものは試しで、いつも読んでる原稿の冒頭部分を全部母音で読み直してみた。

これね。
手元にある本でもなんでもいいけど、実際にちょっと声に出してやってみてほしい。

想像以上にバカっぽいぞ!がく〜(落胆した顔)どんっ(衝撃)

突然小声で
「おあんおうああああいあっあいあうえおうあ」
とか言い出した私に、隣の席の人は気付いたのだろーか・・・。

「え、えはらさん壊れた!?あせあせ(飛び散る汗)

とか思われてなきゃいいけど。

ともあれ、やってみたらけっこう効果アリ!
母音効果でかなりハッキリしゃべれるよ!
テニミュテニスの稽古にも取り入れてほしいくらいだ。

いやまあ、テニミュのセリフは全部コミックスに書いてあるヤツだから、記憶で補完はできるんだけどさぁ・・・。

テニミュはともかく。
ハッキリ発音するにはもってこいの特訓法だったので、決まった原稿をハッキリ読まなきゃいけない場面(作文を読み上げるとか)では使えるねーコレ。

難点は、きゃきゅきょとかの拗音でどーしても「や」行が入ってしまうことと。
その特訓をした後にあ行から始まる単語を読もうとしてうっかり全部あ行になりかけてしまうことくらい。

「お客様」
って言わなきゃいけないところで
「おあ・・・お客様」
といいなおしたのはナイショだ!もうやだ〜(悲しい顔)

あ、ちなみに発音法とは別に発声法も一応やりますよー。
喉を傷めないためには必須だしねえ。

私がやってるのは、ドラミちゃんの声優さん・よこざわけい子さんの著書にあったものでね。
具体的には
@鼻から息を大きく吸って、口を閉じたまま「んー」という声を20秒間出す
A鼻から息を大きく吸って、口をあけて「まー」という声を20秒間出す
B口から息を大きく吸って、口をあけたまま「まー」という声を20秒間出す
C口から息を大きく吸って、口を閉じて「んー」という声を20秒間出す

これを3セット

声は別に張らなくてもいいです。
ていうか張らないでください。
張る声を出すためのウォーミングアップなんだからっ。

声を続けて20秒間出し続けられないのは、息の吸い込みが足りないか、声に余分な息が混じっているかのどっちかです。
息の吸い込みが足りない場合は腹式呼吸を試してみたらいいんじゃないかな。
あとは姿勢を正しくするとか。
椅子の座り方を変えるだけでもけっこう変わってくるよー。

これは「話す」ためのウォーミングアップなので、「歌う」ためのものはまた違うらしい。
声楽家さんの本にあった発声法は、手で「声のぶつけ場所を作る」っていうのだった。

喉は低い音のほうが傷めにくいです。
まあ、そのへんは皆さんカラオケとかで実感してると思うけども。

なので歌の発声法は低い音から。
お腹の真ん前あたりに両手で丸を作って、そこに声をぶつけるつもりで低い音を出す。
つづいて胸の真ん前に両手で丸、そして自然に出る高さの声をぶつける。
顔の真ん前にちょっと高い音。
頭の上にけっこう高い音。


という順で発声していけ、ってあったんだよねー。
誰のなんていう本かはうっかり失念しちゃったけどね。

まったくの自前でやってる「カラオケで高い声を出す方法」は
@聖飢魔IIの「STILL ALIVE」
A谷山浩子の「風になれ ─みどりのために─」
の順で歌う
というもの。

たまたまその順で歌ったら、その後、声がよく出たので。
よくよく考えてみたら、どっちもわりとゆったりしたテンポでね。
しかもデーモン閣下も谷山さんも、胸で声を響かせるタイプだった。

うーん、感覚的なものなので上手く言えないんだけど。
声は胸で響かせるものと、喉から出すものとあると思うんですよ。
たぶん複式発声と胸式発声?

最近、カラオケでCANTAの曲をデーモン閣下風に歌うという遊びをちょこちょこやってたりするんだけど。
やってみるとすごく聖飢魔IIっぽくておもしろいよーるんるん
なぜかface to aceの曲では全然聖飢魔IIっぽくならないとこがまたおもしろくて。

そんで、閣下風に歌うときは胸から音を出す。
CANTA風に歌うときは喉から出す。

で、私が上限キーぎりぎりの高い音を出す場合は喉と胸の中間あたりから出すことになるので、胸から発声を低い順(閣下→谷山さん)にゆったりやるといいみたい。
以上、まったく他の人が活用できないウォーミングアップ情報でしたあせあせ(飛び散る汗)

いや、私の自前はともかくですよ。
上の3つはちゃんとしたプロの皆さんがやってる発音・発声法なので、声で何かを表現したり伝えたりしなきゃいけないときにはぜひご活用くだされ〜。
posted by えはら at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 司会・選挙ウグイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。