2013年08月27日

比嘉水

テニミュテニス行ってきましたー!
日曜日に。

まあその話は、どーせ書き出すと長くなるので今日はヤメといて。
テニミュ会場で買ったグッズの話。

テニミュ2ndになってから、グッズの傾向がちょっと変わっておもしろいものを販売するようになったなあとは思ってたけど。
まさかこーゆーのが出ると思わなかったよ。
会場で見つけて即・購入決定。

それはコレだ!
どーーーーん!どんっ(衝撃)
hwater2.jpg

イケメンがプリントされたミネラルウォーター。
ちなみに、青学氷帝比嘉の3種類ありました。
私は比嘉だけ2本買ったけどな!

「1本は飲む用、もう1本は保存用るんるん
と思って2本買ったけど、よくよく考えたら、私こーゆーのもったいなくて開けられないタチだったわ・・・。

子どもの頃からわりとそういう傾向が強くてねぇ。
缶に入ってる硬式テニスボールを、
「開けるともったいない!ふらふら
と思ってずっと開けないまま棚にしまって使わないで持ち腐れたりとか。

数年前に発売されたGacktの絵が描かれた缶コーヒーも、もったいながって開けないまま、とっくの昔に賞味期限切れしてたりとか。

聖飢魔II解散の年に発売された聖飢魔IIチョコも開けてない状態だけど、もうパッケージ内で粉ふいてんだろうな・・・。

という、大変困ったクセがあるので。
比嘉水も飲まないまま、ずっと保管してしまう可能性が。

いや、買った当初は水飲んだ後もよーく洗ってドリンク入れにしよーと思ってたんですが。
持ち歩くとせっかくのパッケージがスレるじゃない?
だからなんとか、このデコボコをピッタリカバーできる透明なコーティングはできないものかなと考えてるんだけどね。
何かいい知恵があったらぜひご提供ください。

ともあれ。
こんな面白いモンを買ったからには、面白がってくれる人に見せたい。

というわけで、今日、職場に持ってった
だって職場の皆さんは別にオタクでもミーハーでもないから、こんなものを見る機会は長い一生でもたぶんないだろと思ったので。
別に見なくて損するよーなものでもないけどね。

お昼休みに、一番面白がってくれそーなMさん
「イケメンがプリントされたイケメン水ですぴかぴか(新しい)
とさっそくご披露。

「うわぁこんなん売ってんだ!写メ撮っていい?」
ドン引きせずに面白がってくださいました。
ありがたやありがたや。

隣のテーブルでお昼を食べていた元上司Sさん(男性)まで
「なんか今、聞き流せない単語が聞こえたんだけど、俺も見ていい?」
面白がってくださいました。
いい職場だなあ・・・。

お披露目が無事に終わってホクホクとロッカーに戻ったところ、現在担当している短期案件を一緒にやっているHさんとバッタリ遭遇。
「今、Mさんにコレ見せてきたトコなんですよ」
と比嘉水を見せたら

「コレ、テニプリの比嘉じゃない?」

えっ?
な、なんか、一般にはあまり流布しない単語がサラリと出てきませんでしたか今?

「たしか今、氷帝やってるよね?」
「あっはい」

Hさんは、元気と萌えがダダモレる私と違って、冷静に淡々と間違いない仕事をする系の頼りになるタイプの人で。
そのHさんとテニプリ用語とのギャップに対応しきれず、普通に返事する私。

しかも、今、テニミュで上演されてるのが氷帝戦だということまで把握済なんですかHさん。
えーと、えーと・・・もしかしてお友達に私のお仲間な方がいらっしゃるのだろーか・・・。

という謎を残したまま午後の仕事に突入。
無事に定時で仕事を終えてロッカーに移動したところで、長期案件の方の同僚Nさんとバッタリ遭遇。
せっかくなので比嘉水をお披露目してみた。

「ああーっ!コレ、仙台でやってるヤツですよね!」

えっ何その熱烈な反応。

「行ってきたんですか!?」
「日曜日に見てきました〜」

「いいなあー!私、一度見てみたいと思ってたんですよねー。あの、動画で見てて・・・」

ああ・・・たぶんそれは伝説の動画『あいつこそがテニスの王子様』なんだろーなー。

「私も動画で見てるうちに、いつのまにやら毎回見に行ってます」
「そうなんですか!私も見たいなと思ってるんですけど、あの、お客さんが小中学生とかすごく若そうで、なかなか・・・あせあせ(飛び散る汗)

いやむしろメイン客層は社会人だと思うぞ。
でも実際に見に行かないとそんなのわかんないもんね。

「大丈夫ですよー!日曜日も、私より確実に年上なオジサン客がいて、キャストとハイタッチとかしてましたもん」
「そーなんですか!勇気がでました!(笑)」

うん。
あの。
聖飢魔II信者を公言してたときにも思ったけど。

趣味をオープンにしてると
「実は私も好きなんだよね」
という人がこっそりカミングアウトしてくれることがちょくちょくある。

とはいえ。
イケメンミュージカルで売ってる、どう見てもミーハーなグッズでここまで反応があるとは思わなかったよ!あせあせ(飛び散る汗)
うーん、世の中よくわからない。

このテニプリ水を実際に手にとって見てみたいとゆー方は、ぎゃっぴぃさんが『サブカルバーAE』に提供する予定のよーです。
ぎゃぴさんは青学氷帝を1本ずつ買ってたから、きっと提供するのは氷帝verだと思います。

我が家にも比嘉水2本あることはあるけど。
・・・気が向いたら提供する、かもしれない。
すみませんこーゆーとこでケチケチと溜め込んだわりに開けもしない性格なんです・・・。

ちなみに、中身は奥長良川名水株式会社のホントに美味しい鉱水らしいですよー。
posted by えはら at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | テニミュ 岩手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月13日

南三陸町BEGINライブ

さて。
BEGINのライブを書くよ!と宣言しましたが、そういや祭り会場自体について書いてなかったなと。

南三陸町の歌津地区には「福幸商店街」という、やはり仮設店舗の商店街がありまして。
さんさん商店街より小さめだけどね。
そこに平行するような形で屋台もたくさん出てた。

ここで夏祭りするのは今回が初めてとのことだけど。
屋台の人たちもいろいろ工夫したりして、わりと行き届いてる感があった。
実行委員ががんばったんだろうなあ。
熱意を持ってあと一歩を踏み込まないと、いろいろな気配りや工夫って出てこないもんね。

屋台がかぎ型に配置されてて、真ん中が客席、西にステージ車という全体像。
ステージ前には広くブルーシートが敷かれていて、その後ろにパイプ椅子がずらーーっと並んでました。

しばらくは屋台を見て回ったりとか、ほや屋台で試食したりとかうろうろ。
ポストくんが西表島に流れ着いた縁から八重山諸島のブースもあり、八重山そばの無料配布もいただいちゃいました!
おいしかったー♪

そうこうしている間にBEGINのライブ準備が始まったため、私たちもブルーシートに移動。
したんだけど。
やっぱホラ、ブルーシートだから土足では上がれないでしょう。
そんなわけで靴脱いで裸足で上がったら、足の裏が痛い!!!あせあせ(飛び散る汗)

ううう。
ブルーシートの下、とんがった砂利だよぉ〜。
せめてブルーシートの下にダンボールでも敷いてくれたら・・・。
でも、それはそれでゲリラ雷雨(ついさっきあった)とかの後処理が大変なのか・・・。

なんてのんびり痛がっていられたのも、かなり客席に余裕があったからです。
ステージとブルーシートの間に4〜5mの空きがあったとはいえ、ブルーシート席7列目中央寄りに座れたからね。
普通のBEGINライブだったらありえないだろコレ。

そんで、えーと、たぶん17:30くらいにライブ開始。
最初の曲はなんだったかちょっと忘れてしまいました。
ゆったりと登場して、ゆったりと始まる。
なんか、沖縄の浜辺で気まぐれライブをやっているかのよーな空気感がいいねえ。

「南三陸町から流れたポストが西表島に流れ着いたっていうのは、一旦、ハワイまで行ってから、西表島まで来たんだよね。潮の流れを考えるとね。
 福島にさ、常磐ハワイアンセンター(現・スパリゾートハワイアンズ)ってあるでしょう。僕ずっと、なんで福島でハワイかなあと思ってたんだけど。
 今回、ポストくんがハワイまで長い旅をして西表島に来てくれたことでようやくわかった。昔からずっと、潮の流れは東北とハワイを繋いでたんだよね」


壮大なサイズの話だな!リゾート

「ということで今日は、常磐ハワイアンセンターからフラガールの皆さんに来てもらいました!」

えっ。
福島からフラガール3人も呼んじゃったのか!
こんな小さな祭りになんて豪華な!

というわけで次は『海の唄』。

アロハなメロディーにのせ、ゆったりと美しく舞うフラガールさんたち。
うーん、ここがどこだか忘れてしまうほど南国情緒あふれまくり

祭りのライブということで、年配の方も多いだろうし、どんな曲をやったらいいか迷ったというMCのあと、演奏されたのは、なんと「泳げたいやきくん」!
えええええ!
泳げたいやきくんって、こんなカッコいい曲だったっけ?

ややブルージー?に編曲されたたいやきくんは、ゆったりスタイリッシュに南三陸町の海を泳いでいました。
その後は加山雄三の「お嫁においで」もるんるん

つづいて(もしかしたら順番違うかも)
「子どもの頃に、朝おきたら母ちゃんがいなくてビックリしてさ。
『パーマ屋に行ったよ』
って言われてねえ。パーマ屋まで慌てて行ってみたら、パーマのでっかい機械が母ちゃんの頭にかぶさってて
『母ちゃんが機械に食われてる!』
って思ったよ」

なんていうほのぼのホラーなトークの後に

「旅立ちの曲ですが」
と、『パーマ屋ゆんた』。
歌詞は切ないのに、歌う声があんまりにも温かいから、内地に引っ越してしまう知人の娘さんに対する寂しさよりも応援の気持ちがじんわり伝わってくる。
今回のライブは、なぜこの地でこの曲を選んだのか、というBEGINさんの想いがしっとり温かく会場を包むよーな曲たちでした。

そんで、次は沖縄とハワイの物語を歌った歌でね。

「戦争のとき、沖縄の豚がみんな焼けてしまってねえ。ハワイには沖縄から移住した人がいたんだけど、その人たちが
『沖縄に豚がいないと、お祝いもなんにもできない。豚を贈ろう』
っていって、募金を集めたんだけど。
 どーやってお金を集めようか考えて、ラジオの番組を買い取ってね。番組に『ウルマメロディー』って名前をつけて、唄をたくさん流したんだよ。そこで募金を呼びかけて、集まったお金で豚を550頭、贈ったんだって。
 僕たちが今食べてる豚も、そのときの550頭から続いてきた豚なんだよね」


そーか・・・。
沖縄旅行ですごくおいしかった豚も、もとはといえばウルマメロディー募金から始まってたのか。

「ありがとうって想いをこめて『ウルマメロディー』って曲を作りました。
 でもね、贈った人たちから
『豚だけじゃない。山羊も贈った』
って言われて(笑)」


そういや山羊ミルクも沖縄の味だなあ。

「そんなわけで2番には山羊も入ってます(笑)。聴いてください。『ウルマメロディー』」

本当に「ありがとう」でできた曲。
ほわっと明るくて、陽気で。

 遠く言葉は違っても 虹のたもとの島と島

って歌詞が、さらに心を和ませてくれるねえ。

実は前半の曲順があやふやで、1曲目が「海の唄」で2曲目フラ入りが「ウルマメロディー」だった可能性もありますが、そこらへんは華麗にスルーしてください。

その後、ボーカルの比嘉さんが
「今日はまあこんな感じでやっていこうかなと。みんな、何の曲聞きたい?」
直接リクエストを取ってました。
なんだこの贅沢さは!

ファンの方々は口々に
「三線(さんしん)の花ー!」
「カンカラ三線ー!」
「オジー自慢のオリオンビール!」
ってリクエストしてたから、BEGINファンにとっては珍しくない出来事なのだろーか・・・。

「『カンカラ三線』は絶対やんねーぞ(笑)」
と答えてたけどね。

というわけでまずは「三線の花」。
亡くなったオジーの形見である三線を見つけて思い出がよみがえる歌。

 家族を眺めながら 飲む酒はどんな味
 眠りにつく前の 唄は誰の唄
 喜びも哀しみも いつの日か歌えるのなら この島の土の中
 秋に泣き 冬に耐え 春に咲く 三線の花


このお祭りにいる方々は南三陸町の人がほとんどだろうから、家族を亡くされてる方も多いんだろうと思う。
その方々にはこの歌がどんなふうに響いたのかな。

しっとりした空気をまた盛り上げるよーに、「オジー自慢のオリオンビール」に突入♪
ビーチパーリィでわちゃわちゃと盛り上がるよーな曲調の中、

 戦後復帰を迎えた頃は みんなおんなじ夢を見た

のところでフッと演奏が止まり、唐突にMC。

「ホントにね、夢はいろいろある方がいい!
 僕らの夢はね、やっぱり地元の高校が甲子園出場ですよ。
 この季節になると、『こんなにいたのか!』っていうくらい県人会の人たちがでてきてね、甲子園出場!って夢を語り合ったりして(笑)。
 だからねー、八重山商工が甲子園でたときは盛り上がったさー!
 でもまだ、八重山高校と、あと八重山農林高校だっけ?2校あるからね。甲子園にでてほしい!」


等々、夢の話でひとしきり盛り上がったあと

「あれ?何の話してたかね?
 あ!曲の途中だったね!」


ええええええ!
曲途中MCで曲忘れるってマジか!がく〜(落胆した顔)
MCが長いことで一部に有名なデーモン閣下でさえそれはなかった(笑)
いいなーこのゆったり感揺れるハート

なんでここでMCを挟んだかとゆーと。
げんこつのグーから親指と小指をピンと伸ばしたハンドサインをしめして

「今日はね、ポストくんおかえりのお祭りだから、エアージョッキで乾杯しましょう!ジョッキにオリオンビール入ってると思って、『あっり乾杯!ビール』でみんなと一緒に乾杯。良い子はジュース入れてね」

よし、良い子だしエアジュースいれとくか。

「夢は色々ある方がいい 夢の数だけ・・・あっり乾杯!ビール

から、また曲が再開。

 新築祝いで あっり乾杯!ビール
 入学祝いで あっり乾杯!ビール
 卒業祝いで あっり乾杯!ビール
 にーびちさびたん あっり乾杯!ビール
 オジーと一緒に あっり乾杯!!ビール


いやぁ、エアー乾杯も盛り上がるねビール

そしてラストの『島人ぬ宝』へ。
この曲が大好きなので、聴けてホントによかった。
変わっていく故郷を残せるほど、故郷について知らない、という歌詞もあって、ちょっと切ないイメージもあったのですが、生で聴いた『島人ぬ宝』はとにかく故郷への愛に裏打ちされた温かい曲だったなあ。
 
じわーんと余韻に浸ってたら、比嘉さん自ら
「よし!アンコール行くぞ!『かりゆしの夜』、お祝いの唄です。
 僕が『イヤササ』って言ったら、『イヤササ』って、『ティーリ』って言ったら『シターリ』って返してね。じゃあやってみよっか。イヤササ!」

「「「いやささ」」」
「ティーリ!」
「「「したーり!」」」
「うん。カンタンでしょ?じゃあ行こっか。『かりゆしの夜』!」

掛け声も楽しいねーひらめき
ちょっとだけウチナンチュ気分。
さらに曲中のMCで

「一緒にカチャーシー踊ろうさあ。両手を上げて、
『窓あけよっかな、やっぱ閉めよっかな、開けよっかな、閉めよっかな』
 これでカチャーシーが踊れます!」


嘘のよーにカンタンなカチャーシーの説明。
さらには八重山諸島ブースに向かって

「ミス八重山もあがってきて!みんなに見本みてもらおうよ」
「ばいーぐる(新石垣空港キャラ)も!ピカリャ〜(竹富島キャラ)も、ポストくん(戻ってきたポストキャラ)も一緒に踊ろうさあ!」


ステージ上にミス八重山、ステージ下にはゆるキャラ大集合、客席もけっこう立ち上がって、曲に合わせてカチャーシー。
これ、手だけで窓を開けたり閉めたりしてると格好とりにくい。
通にだけ伝わる表現をすると『忍足盆踊り』っぽい。
けど、足でリズムとると格段にカチャーシーっぽくなるな!

砂利で痛いけど楽しいから気にしないるんるん

最後はどんどんリズムが早くなって、みんなでわきゃわきゃ踊って、ポストくん郵便局のジャンプで〆!
楽しいライブだったー!

さらに追加のサプライズもあったのよん。
ポストくんが歌津に戻ったことを記念した曲「歌津さきてけさい」を書き下ろしたんだって!
そんで、盆踊りになればいいなーとの思いから、地元のヨサコイチームさんに振り付けを頼んで、急遽みんなで踊ることに。
このサプライズは早くもWikipediaに載ってます。

歌詞は地元の子どもたちに聞いて作ったのだそーですが。
「あんださんも(あちら様も)こんださんも(こちら様も)わいわいきてけさい、歌津さきてけさい(歌津に来てください)
この、南三陸の「〜してけさい」って方言、大好きなのよね〜。

ヨサコイチームさんも当日急いで曲聞いて振りをつけたらしく、ちょっとあやふやでしたが、みんなで踊っちゃえるんるんなノリで盆踊りしましたよ。
さすがに日頃鍛えてるから、振り付け覚えるのは早かったとプチ自慢。
ヨサコイチームにありがちな面倒な振りもなく、すごくいい振り付けだったと思いますよ。

その後、BEGINさんたちは一旦降壇。
ステージでは願いを書き込んだバルーンを飛ばしたりなどイベントが進み、19時からLIGHT UP NIPPONの花火が始まりました。

最初はLIGHT UP NIPPONテーマソングにあわせての打ち上げだったのですが。
花火の数が少ない中で20分くらいに伸ばす、という運営上の都合もあってか、始まって5分くらいで曲が終わったときに一旦花火が止みました。
そんで地元の和太鼓チームが登場。
1曲披露されてから、つづいての曲に合わせて花火が再開。

いいねー和太鼓と花火!
私の好きなものと好きなものが融合して大好きな演出ハートたち(複数ハート)

和太鼓がおそらく3〜4曲披露されたあたりで花火は中断し、東日本大震災復興テーマソング『花は咲く』をバックにまたも花火再開。
全部で30〜40分くらい花火やってたんじゃないかな?

そしてその花火の間、なんと。
ステージ上でBEGINさんたちがビール飲んでる!
こっこの・・・全然芸能人っぽくない垣根のなさが大好きです。

よくよく聞くと、この日の祭りの初めからBEGINさんたちは会場入りしてて、デングリー(メンコのようなもの)大会を手伝ったりなど、まるっきりスタッフのようにお祭りを一緒に盛り上げてくれてたそうです。

今回のライブなどなどを通して、なんとなく、BEGINの歌は南国のあたたかい雨のようだなぁと。
言っとくけどスコールじゃないぞ。

決して凍えさせることなく、やさしく潤して、次に希望が芽吹く力を与えてくれる。
なぐさめるのとも違う。
叱咤激励とも違う。
負担にならない『はげます力』を感じました。

すっごく偶然だったけど、このライブが見られてよかったなぁ。
誘ってくれた上に花火大会があることも発見してくれた友人に感謝感謝!です(直接言え)。


追記ペン今回歌われたBEGINの曲一覧(歌詞リンク付き)
海の唄
パーマ屋ゆんた
ウルマメロディー
三線の花
オジー自慢のオリオンビール
島人ぬ宝
かりゆしの夜
posted by えはら at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 江原家のおバカな日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月12日

北三陸市じゃありません

南三陸町に行ってきました!

東日本大震災で津波被害にあい、未だに復旧のめどが立っていない地域ではあるのですが、ちょっと特徴のある復興活動をいろいろがんばっているのですね。
そんなわけで以前にも一度訪問し、今回2度目です。

おもしろい取り組みのひとつに、キラキラ丼というのがあって。
夏は南三陸町の特産のひとつであるウニに焦点をあてて、「キラキラ丼」の名称をつけて町内のいろいろな店でウニ丼を一斉に提供しはじめたのです。

しかも、キラキラ丼を取り扱う店舗のうち2/3は、復興のために一時的に作られた仮説店舗のショッピングセンター「南三陸さんさん商店街」の中にあるので、町内を巡り歩かなくても1ヶ所で様々なウニ丼を選んで迷い放題!揺れるハート
こと食べ物に関してはビックリするほど優柔不断な私には、非常〜にうれしい作りです。

いやぁ・・・つい食い意地が欲張ってしまってですね。
「あ、アレいいな!でもこっちもおいしそう・・・」
と目移りするため、一度メニューで迷うとものすごく迷路にハマりこむんだよ!

今回も迷った。
一度来た商店街なのに。
以前にもキラキラ丼食べたのに。

というわけで今回、迷いに迷って選んだキラキラ丼はコレだ!
どん!!!!!どんっ(衝撃)
130811_131218.jpg

どーよ!
ウニがキラキラでしょ!?
キラキラ丼の名に恥じない美しさでしょー!!ぴかぴか(新しい)

左上にちょこっと見えてるのはアジシオです。
運ばれてきたときに醤油より先に塩が見えて
「あれ?ウニ丼は醤油じゃないの?」
と思ってたら

「新鮮なウニを使用していますので、はじめに塩をかけて召し上がってみてください」
とのこと。

ほぉ。
そーゆーモンですか。
私、ウニと醤油の取り合わせが好きなんだけどな。

まあオススメされたからには試してみようと、塩をちょいちょいかけて食べてみた。

うっまあああああああああーーーーー!ハートたち(複数ハート)

なんだコレ!
あの、海で獲れたての殻ウニを割って、まだ海水が殻の中にちゃぽちゃぽしてるときの、あの味だ!
すっげー!
新鮮なウニだとこんな味わい方もできるんだ!揺れるハート

思わず、真向かいで食べてた友人にも
「ちょっと食べてみてっ!」
と薦めてしまった。
友人も別の店のウニ丼食べてるってのに。

すばらしく美味なキラキラ丼でおなかいっぱいになった後にはfacebook連動企画でステッカーやピンバッジもいただいてしまいました。
そんでさらに、自宅へのお土産を買おうかなーと思ってた矢先に、なにやら最近聞きなれた音が。

ゴロゴロゴロ・・・という雷の音がしたなあ、と思ったときには大粒の雨がバタバタと降ってきて、そのままゲリラ雷雨!雷

うひゃー、なんだコレ。
おとといみたいにこのまま止まなかったらどーしよう。
このあと、町内の別会場で行われている祭りにも行く予定なのに。

第一、こんな好天の日に傘なんか持ってきてないぞ?
と思ったら、同行した友人がお気遣いの紳士で傘2本持ってきてたらしい。
ありがたーくお借りしてるうちに、ゲリラ雷雨もあっという間に止んでくれました。
こーゆーのを通り雨っていうんだねえ。

とまあ、そんなこんながありつつ、自宅用に魚介類をいくつか買って、お祭り会場へGO!車(セダン)

南三陸さんさん商店街は志津川地区というところにあるのですが、お祭り会場は歌津地区。
約10kmほど北に移動。
8月11日はそこで花火大会があるんだ〜。

この花火大会は、東北から北関東にかけての太平洋沿岸の数か所で「追悼」と「復興」の意味を 込めて花火を一斉に打ち上げるプロジェクト「LIGHT UP NIPPON」というイベントでして。
全国11ヶ所で、同じように花火が打ち上げられるんだって。
岩手でも野田、宮古、山田、大槌、釜石、大船渡、陸前高田で開催されたから、ニュースなどで見た人も多いんじゃないかな?

さらに今回は、震災で流された歌津地区の郵便ポスト郵便局が沖縄でみつかり、返ってくることを記念して「おかえりポストくん」というお祭りも同時企画されました。
とはいえ、祭りの内容についてはサイトにコレしか記載されてなかったので
「地域のサークルとかがかわりばんこに披露していくんだろうなあ」
と思っていたところ。

facebook三陸町ページで、なんと!
BEGINが来ていることが発覚。
2013y08m13d_011159146.jpg

えーっBEGIN!?
私、大好きなんだよBEGIN!
FMラジオ「オーリトーリFM」とかも以前はよく聴いてたし。
このあいだも高松の「COM ON」さん主催の歌会で「島人ぬ宝」をリクエストしたら知ってるの私だけで、すっかりソロ歌唱になっちゃったけど最後まで歌いきるくらい好きだよ!

というわけでBEGINのライブとその後の花火大会については明日書く!
覚えてる限りみっっっちり書くからねーるんるん
posted by えはら at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 江原家のおバカな日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月07日

テニキャライメージ

今日、こんなツイートを見かけてですね。


註:ツイ主さんが非公開に変更してしまったため、現在は画像を見ることができませんが
 「手塚一派の桃」というタイトルがついた、本物のフルーツの桃が販売されている画像でした。


確かに強そうだ・・・。
テニス上手そうなイメージしかないな・・・。
フルーツの旨みとかがまったく伝わってこないネーミングだな・・・。

と感心したところで。
ふと、それぞれどんなイメージなのか気になった。

たしかにテニスが上手いといえば手塚だ。
手塚といえば神がかり的にテニス上手い人だ。
でも主人公な『テニスの王子様』は手塚じゃなくて越前リョーマ

ところがリョーマのイメージはといえば、一言でいえば『謎』。
もしくは『予測不能』。
あまりにも突きぬけすぎてて逆にテニスのイメージがない。

というわけで。
これからずらっと、独断と偏見の『テニヌキャライメージ』をひたすら挙げますが、さすがに興味ない人が多いだろうから、見たい人だけ続きを読むをクリックしてください。

続きを読む
posted by えはら at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 江原家のおバカな日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。