2014年02月18日

猫耳な私

私は俗に言う「じるみみ」体質だ。
じるみみな人にはすぐわかるだろうが、じるみみでない人にはよくわからないかもしれない「じるみみ」。

えーと、耳垢が、普通ならカサカサしてると思うんですが、じるみみはゲル状なのです。
固さや粘度はだいたいジャムくらいと思っていれば間違いないんじゃないかと。

いつから「じるみみ」という単語を認識したのかはよく覚えてないんだけども、この時点では認識していた、っていうのはハッキリ覚えてる。
7歳の頃、角館に初めて花見に行ってね。
角館の花見は大変混雑するので、そのときもめっちゃ混んでたなーという記憶がうっすらと。
いやもう、なにせ35年も前の記憶なので。

そんで親子で桜並木の河川敷を歩いていたら、迷子に遭遇したのね。
私よりちょっと小さい感じだったから、5歳くらいかなあ。
ともあれ、泣いている迷子の女の子を両親と一緒に案内所まで届けて、しばらく様子を見てたんだよ。

案内所のお兄さんが
「お名前はなんていうのかなー?」
「お父さんとお母さんのこと、なんでもいいから教えてくれる?」
などなど、迷子アナウンスをするための情報を一生懸命聞き出そうとして話しかけたら、その子は泣きながらも必死に考えていろいろお話しをしてて。

「あのねっ(えぐっ)おかあさんはねっ(えぐっ)〜〜でねっ(えぐっ)、おとうさんはねっ(えぐえぐっ)じるみみでねっ(えぐっ)・・・」

他の説明は全部キレイさっぱり忘れたが
「おとうさんはじるみみでねっもうやだ〜(悲しい顔)
だけはハッキリ覚えてる。

たぶん、このときに
「じるみみじゃない人もいるんだーどんっ(衝撃)
という世界の広さに初めて出会ったんだろうな。

なにせ我が家は両親ともじるみみ。
その子の私はじるみみサラブレッドだ。
家族の中にじるみみじゃない人は一人もいなかったわけ。

今にして考えると
「耳垢の特徴を伝えたって迷子アナウンスにはカケラも役に立たないだろ」
とか
「きっとお母さんが『お父さんだけじるみみねー』とか、よくネタにしてたんだろうな」
とか、ツッコミどころ満載だが、当時の私としては
「じるみみじゃない耳垢がある!」
という衝撃がよほど印象的だったんだろうなあ。
こーして35年後にもしつこく覚えてるくらいだから。

さて、この「じるみみ」。
地域によって呼び方が違うらしい。

というのも、ネット検索するとたしかに「じるみみ」という単語も出てくるのだが、同時に
「カサカサしてない耳垢」

「ねこみみ」
とか
「あめみみ」
と呼ぶという説も出てくるので。

中にはネットの相談で
「彼氏の耳掃除をしたら、耳垢が膿みたいに黄色くてネバネバしてたんです!病気じゃないんですか!?」
みたいな投稿もあったり。

・・・病気じゃないよー。
体質だよーあせあせ(飛び散る汗)

ていうか日本人は所謂「カサみみ」が多いらしいが、欧米人には「じるみみ」が多いみたいだよー。

でね。
「じるみみ」はなんとなく語源がわかるんだ。
汁気のある耳垢ってことだろうと。

熊本では似てるけど「じゅるみみ」というらしい。
なんていうかより状況を擬音っぽく表現してるよね。

知人の個人研究によると、方言は同心円状に分布しているらしい。
沖縄方言だと思っていた「ふらー」が北海道でも使われていたりとか。
九州のじーちゃんばーちゃんがインタビューされてる口調を聞いて
「東北のじーちゃんばーちゃんみたいだなあ」
と思うこともよくあるし。

そう考えると、けっこう昔に「じるみみ」もしくは「じゅるみみ」という表現が発生して全国に広がり、その後、中心部では「ねこみみ」やら「あめみみ」が新しい表現として台頭してきたのかな?

さてそこで問題です。
「ねこみみ」の語源は、やはり猫?猫
となると猫の耳垢はじるみみなの?

我が家は犬とハムスターと金魚しか飼ったことないから猫はわからないのよねー。
ちなみに犬の耳垢についてもよくわからない。
ミニチュアダックスは垂れ耳で耳の奥がよく見えないため、いつもウエットティッシュで拭き取ってるからねえ。

猫飼いの皆様。
猫の耳垢情報を期待して待ってます!

そんで、もうひとつの「あめみみ」ですよ。
聞いた瞬間に
「耳垢があめてるってことか」
と思ったけど、よく考えたら「あめる」って岩手の方言じゃないか!

岩手以外の人のために補足ペン
「あめる」とは、「腐ってダメになる」という意味の方言です。
「夜にはおにぎりあめるんでないの?」
「煮物あめてらから(食べるの)やめとけ」
などのように使います。

「あめ」は普通に考えたら「雨」か「飴」か、どっちかだよね。
汁気があることから「雨耳」なのか。
それとも飴色をして水飴っぽい形状だから「飴耳」なのか。

今更そんな耳垢の特殊形状の俗称について語源を詳しく知っている人がいるとも思えないけども。
気になったのであえてネタにしてみた。

ねこみみは本当に「猫耳」なのか?
あめみみの「あめ」は「あめる」だったりしないか?
どこらへんで「ねこみみ」「あめみみ」「じるみみ」の境界線が発生しているのか!?
更に第四勢力が発生している可能性も!手(グー)

明日を生きるためにまったく役に立たない知識ですが、わかったら面白いよね。

方言の分布といえば、最近ネットで
「グーとパーで分かれましょ」 だけじゃなかった!? 色々ありすぎなグー・パーの掛け声
てのが話題になったりしてますが。
gupa.jpg

MAPでハブられている東北地方な私は
「グーどっパ!」
だった。
四国に似てるけども、間は「どっ」だ。
コレは訛っただけかもね?
posted by えはら at 23:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 江原家のおバカな日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月02日

最終回直前のブレイブ

ひっさしぶりの特撮日記だよ〜。
いや、そろそろキョウリュウジャーが最終回間近なので。
いよいよ来週は最終回らしいですよ。
どーやらYosakoiチーム鴒のダンスビデオは流れないままに終わりそうだよ。

だいぶ特撮日記があいてしまったのでこれまでのあらすじ
なんだかんだで10人(赤/青/黒/緑/ピンク/金/シアン/グレー/バイオレット/銀)に増えたキョウリュウジャー。
たぶん色数として過去最高。
ずっと悪の組織「デーボス軍」と戦ってきたわけですが、そもそも「大地の闇」という地獄のよーなところがあり、そこから魔物が次々と出てくるのがわかったため、全力で封鎖することに。
ちなみに司令官は「大地の闇」に行けるスピリット体になるために自ら殺されてます。
悪の組織はそれを阻止しよーとパワー全開で対抗。
地球滅亡まであと5時間。
どうなるキョウリュウジャー!?

うーん、最終回間近っぽい煮詰まりっぷりです。

冒頭で現在10人といいましたが。
正式には、メインメンバーが最初の6人。
バイオレットは初代が爺ちゃんで、孫娘が2代目。
あとは銀以外がスピリット体(遠い過去にキョウリュウジャーで、現在は気合で存在を維持している半幽霊な人たち)。

銀はなんつーか、反則気味なほど万能です。

そんで、司令官がスピリット体として地獄で粛清をがんばっているので、スピリットな皆さんはそっちに加勢。
代わりにそれぞれ2代目を用意したり、いろいろ面倒見いいなぁご先祖様。

ちなみに初代バイオレットは年齢の関係上、戦闘には参加できないのでメカを操って地上戦に加勢。

とにかく地上勢のうち、今現在暴れている悪者は2代目たちと初代バイオレットで対処し、メインメンバーは地球を滅亡させようとしている悪の要塞を破壊しに向かいます。
が。
悪の罠にちょっとかかって変身が封じられてしまうことに。

そこに現れた敵幹部2人!
そんなときに状況を打開するのはやはりウッチーですよ!ぴかぴか(新しい)

 「各々方!ここは拙者一人にお任せを!
 獣電池の力は無事。ならば、生身でも戦う術はあるはずでござる!
 キング殿に最後の一撃を決めていただくためにも、まずはこの拙者に先陣を切らせてくだされ!」

そんな。
6人がかりだって倒せるかどーかわかんないくらい、敵の幹部中の幹部が2人なのに。

しかしキング殿が決断。

 「その心意気、しかと受け止めた!」

えっ。
なんで時代言葉?
キングはキングで殿じゃないんじゃなかったんかい?

ともかく
「早く要塞倒してウッチー助けなきゃ」
ということに意見がまとまり、5人は要塞に向けて再出発。

さらに、よくよく出てくるダム上の通路みたいなトコで悪の雑魚が数体襲ってきた。
ここでのっさん
「ここはボクの得意分野でしょ。みんなは早く要塞に行って」
と捨て身宣言。

つづいて要塞前の広場で悪の雑魚がウジャウジャ発生。
ここではイアンソウジ
「出番だね」
と捨て身宣言。

ついにはキングアミイだけで要塞に乗り込むことに。
2人が要塞に突撃した後、イアンが背中合わせのソウジに向かって

 「今のうちに言っておきたいことがある」
 「何だイアン?」
 「お前は驚くほど強くなった。最期が一緒でうれしいぜ、ソウジ」

っきゃーーーーーーーーーー!!揺れるハート
かなり冒頭から
「番組としては緑黒CP方向だよね?」
と思ってましたが、緑黒な皆さんに最大の爆弾が投下されましたよ〜。

いや別に黒緑でもいいんだけどさ。
私が二次創作するんなら緑黒だなと思って。
腐女子にとって掛け算の順番は重要なんだよ!

さて、最初の捨て身宣言なウッチーに戻ってと。
そりゃ敵幹部2人相手だから、当たり前に苦戦。
ウッチー、フルボッコです。

そのとき、「怒」のドゴルドがエンドルフに
 「アンタの恨みのパワーで空蝉丸の動きを止めてくれよ」
と依頼。

わー、動きも止められちゃって、ウッチー絶体絶命!ふらふら
と思ったら。
ドゴルドがなぜかエンドルフを斬ってた。

以前の戦いでウッチーに諌められたドゴルドは、悪党なりの誇りをその言葉によって思い出し、ドゴルドを傀儡にするエンドルフを討ってやろうと画策していたのでした。
さらにウッチーと合体まで果たして超必殺技を放ち、エンドルフ消滅。

 「さあ、今度は俺たちの決着だ」
しかし攻撃をためらうウッチー。

そう。
ドゴルドはすったもんだの最中にウッチーを何度もかばったため致命傷を負い、放っておいてももう死ぬ状態。

 「さっさと構えろよ。・・・空気読めよ」

なんなの、このカッコ良さは。
そして悪役に「空気読め」といわれる正義の味方。

そーしてウッチーはドゴルドの願いどおり、一刀のもとに倒して、虫の息なドゴルドと背中合わせに。

 「お主、最期は拙者に倒されるつもりでござったか!」
 「・・・ありがとよ・・・俺のワガママにつきあってくれて」

 「悪党のくせに殊勝なことを申すな。えい、腹立たしい」

「腹立たしい」はドゴルドの口癖。
最後にその一言で心を通わせたウッチーに笑いながら

 「そうかい。腹立たしいかい・・・」
ドゴルド消滅。

ドゴルドが消えた大地に向かって正座し

 「ドゴルド・・・憎き、宿敵。だが、最期の最期に、武人としての意地、見せてもらった・・・!」

一礼したと同時に、美形らしく口の端から血を一筋流して大地に突っ伏すウッチー。

力なく地面に伏せた顔を微笑みの形に歪ませながら

 「やりましたぞキング殿。・・・・・・各々方
 ぱーふぇくとで・・・ござる・・・」

がくっ。

ウッチー!がく〜(落胆した顔)
もしや『恐竜モチーフ戦隊の6人目はシリーズ途中で死ぬ』法則発動!?

とドキドキしながらも、同時に
「あの体勢でそんなセリフしゃべってたら、口の中が相当土臭くなってしまうのではたらーっ(汗)
冷静に役者さんの身を案じていたことも一応付け加えさせていただきます。

ともあれ、ウッチーが瀕死、も窮地に陥り、ピンクは敵のド真ん中に!
というところで今週は終了。
広げた風呂敷は1話で回収しきれるのか!?
どーなる最終回!どんっ(衝撃)

希望的観測では、ウッチー死なないフラグだと思ってますよ。
剣のダディャーナザン的な。
posted by えはら at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 江原家のおバカな日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。