2010年03月26日

神去なあなあ日常

『風が強く吹いている』以来、三浦しをんさんファンな我が家ですが。
父がまた新しい本を持ってきました。

三浦しをんさんが去年の5月に発行した『神去なあなあ日常』。
まだ第一章を読んだだけだけど、背表紙にあるあおり文句
「林業に《ゆるーく》かける青春!」
というのがピッタリな、かなりまったりストーリーです。

少なくとも『風が強く吹いている』みたいに
「素人集めて箱根駅伝出場だぁ!?どんっ(衝撃)あせあせ(飛び散る汗)
というビックリ感はないね。
その分じんわりとおもしろいけど。

既に読み終わった父にも相当おもしろかったらしく
「あれだ。宮崎しゅんの世界だよ」

・・・しゅん?
「宮崎駿(はやお)じゃないの?」
「あー、そうだ。それそれ。そんなイメージなんだよ」

と、いわれましても。
聞いている私にも母にも、今ひとつイメージがピンとこない。
なんたって我が家は
「一番好きなジブリ作品は『平成たぬき合戦ぽんぽこ』」
という、ちょっと変わった面子なので。

「?・・・よくわかんないけど、子どもが神隠しにあったり、美輪明宏な狼の山神がでてきたり、城が動いたりすんの?」
「そーじゃないんだ。そーじゃなくてえーと・・・宮崎の最初の作品」

「ナウシカ?」
「違うな」

「ナウシカの前ったら、カリオストロの城?」
「その次かな」

「ラピュタじゃない?」
「・・・・・・」

父はどーやら『となりのトトロ』と言いたかったよーです。
父さん、トトロは4本目の宮崎監督作品だよ。

ともあれ、『神去なあなあ日常』は横浜生まれのフリーター少年が、ひょんなことから三重県のどえらい山奥にある神去(かむさり)村で林業に従事することになった生活を描いた話です。
携帯が圏外で村内にコンビニやスーパーが1軒もない神去村に主人公はめちゃめちゃショックを受けるのですが、わりと私には身近な光景なので、イメージもしやすいねえ。

選挙ウグイスとして県内の町や村にいくと、町内に信号が4ヶ所しかない信号とか、1軒の御宅に伺うのに無人の山道を車で30分車(RV)走らなきゃいけないとか、けっこうあるもんで。

毎年4月に仕事の関係で植林してるのもあって、山の急斜面や植林前の地ならしなども実体験としてわかるしね。
今年も4月29日に植林するだろーから、それまでに読みきっていくと植林がより楽しくなりそう!るんるん

ただし、作品中でも私の実体験でも、植えてるのは杉の苗ばっかりなので、花粉症の人にはごめんなさい。
第2章では花粉症の話も出るみたいだけど、そこらへんは花粉症の人が読むと実体験ばりばりでキツいんだろーなー!もうやだ〜(悲しい顔)

実はこーゆー仕事の実体験みたいなものが織り込まれたストーリーって好きなんだよね。
BL作家で申し訳なけど秋月こおさんとか、特殊な職業に対してきっちり取材してる感じがして大好き。

そーいや三浦しをんさんもBL大好きな人だったなあ。
父が絶対に読まないであろうBLがらみの三浦しをんさん本も、そのうち買って読んでみよっかなー。


拾い物紹介〜かわいい
週刊老人ジャンプ VIPPERな俺さんから
ジョジョがわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
posted by えはら at 23:59| Comment(0) | TrackBack(1) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

神去なあなあ日常<三浦しおん>−本:2010-25−
Excerpt: 神去なあなあ日常クチコミを見る # 出版社: 徳間書店 (2009/05) # ISBN-10: 4198627312 評価:88点 高校卒業と同時に、人里離れた林業の村に研修生としていきなり放り..
Weblog: デコ親父はいつも減量中
Tracked: 2010-04-18 02:13
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。