2012年01月23日

東京ヲタ喫茶めぐり旅・声優カフェ

録画した『タモリ倶楽部』ついさっき見たけど、音頭とマーティー・フリードマンのギターのコラボがなんかすげー!
こんなにカオスな組み合わせがあっていいのか!?

それはともかく。
風屋さんから『東京ヲタ喫茶めぐり旅』の続きが待たれてるよーなので続きいってみよっかあ!

『執事喫茶スワロウテイル』を出た後は、一路、池袋から秋葉原へと移動。
別に今更メイド喫茶に行ったりしませんよ。
それは5年くらい前にクリアしましたよ(行ったんだふらふら

メイド喫茶行った話って以前ブログに書かなかったかなーと思って検索してみたら、聖飢魔IIの1度目の再結集ミサで仙台行ったときの話が、ドリコムの方のブログの2005年11月23日に書いてあった。
現在はドリコムがないのでライブドアブログにまるっと移植されてますが。
秋葉原のメイド喫茶については書かなかったのかな?

しかしこの頃って、今より日記が短いな・・・。
これくらいの長さの方が読みやすいよね?
わざわざ長くしてるんじゃなくて長く書くクセがついてるだけなので、がんばって短くしてみるかなー。

それはそうと。
続いて向かったヲタ系喫茶は『声優カフェ』さんです。
しかもここからは、あべ先生だけじゃなくてKくんにもご同行いただいてます。
ホントに毎度毎度上京のたびにお世話になっております!ぴかぴか(新しい)

秋葉原の駅から7〜8分歩いたかなあ。
途中にはAKB48の専用劇場みたいなのもあった。

そんで狭いビルの8階に声優カフェ発見!
これさあ、狙って行かなきゃまず絶対見つけられないよね?
というくらいゴチャゴチャした中に存在してます。
たまたま秋葉原歩いてたら看板見つけたから入った、とかいう出会いはまずなさそーな店がまえ・・・。

ともあれ、せっかく来たんだから入ってみよう。
『声優カフェ』ってどんな世界なんだろーか・・・と恐る恐る足を踏み入れた店内は、驚くほど普通
ヲタグッズもほとんどない。
白を基調にこげ茶のアイテムでまとめた、シンプルにオシャレな店内って感じ?

普通のカフェと違う点は、雑誌のラックに声優雑誌ばっかり入ってるところと(それでも3〜4冊)
店オリジナルのグッズ販売コーナーがひっそりとあり、そこにさらにひっそりと店主のCDが販売されてることと。
カウンターのすぐ隣に、すっげ気合の入ったプロ用マイクが1本突っ立ってるところと。
メニューと一緒に店員のプロフィールが渡されるところだね。

プロフィールは1人1ページ。
名前とか芸歴とか代表作品・キャラの他に
「この人に店内でセリフを演技してもらったらいくらかかるか」
が明示されてます。

そう!
声優カフェは目の前で声優さんに演技してもらえるカフェなのです!
だから気合の入ったプロ用マイクがカウンター横に鎮座ましましてるんだね!

料金はチャージ制で、30分ごとに追加注文がなければチャージ料500円が加算されるというシステム。
注文は料理や飲み物だけでなく、セリフのご注文も含まれます。

セリフのお値段はねー、芸歴長い人は1,100円とか。
若いお兄ちゃんだと200円とか300円とか。
それで、プロフィールページにあるセリフ集(シチュエーションごとに4文がセットになっている)を演技してもらえるというわけですよ。

ま、カフェに入ったからには、まずは普通に飲み物喫茶店でも頼みましょーか。
って、メニュー少なッ!!!どんっ(衝撃)
料理と飲み物あわせて15種類もなかったのではないだろーか・・・。
ここの売り物は本当に『声』なんですね。

ともあれ飲み物だよ。
いろいろ迷ったけど、どーせなら店オリジナルのものがいいなーと『ジンジャーレモンティー』を注文してみた。

メニューには
『店長絶賛! 声がれには抜群の効き目です! しかしプロ用です、生姜が好きではない方にはオススメしません。』
って書いてあったので、店員さんに
「けっこうキツいんですか・・・?」
「あー、慣れない方にはショウガが辛いかもしれないですねえ」

ということだったので、どんなんが出てくるんだろーかとワクワク待ってみた。
そしていざ、飲んでみると!

・・・・・・・・・・・・・あれ?
すっごい普通。
私コレよく自分で作って飲んでるよ。

風邪ひいてちょっとノドがヤバいときとか、仕事の合間ドリンクとして、ティーパックで濃い目に淹れた紅茶にハチミツとチューブショウガをべろーんと入れて飲むんだよね。
しかもショウガちょっとだと物足りないから、えーと、チューブで2cm弱くらい。

うん。
あの味がする。
おいしいな。

あまりにも普通に飲めてしまうので
「これって辛い?」
と、ご同行のあべ先生やKくんにも飲んでもらった。

「うぉっ!けっこうクるね〜」
「うん。飲めなくはないけど、ショウガがかなり主張してる感じ。うまいけどね」
あれ?
やっぱ一般的でない飲み物なんだコレ。

つまりプロの人には馴染みの味だけど、普通に生活してると味わう機会があまりない飲み物なんだな?
そーいや私も一応声プロの人でした。
ショウガ紅茶もアナウンスの先輩から習ったよーな気がしないでもないしな。

今も検証のために作ってみたけど、マグカップにいれたため、ショウガの比率が低くなってしまい、あとから更に2cmくらいショウガ足しました。
ホントはすりおろしたばかりのショウガで作るとよりガツンと薬効高くていいんだけどなー。
寒い季節には体がぽかぽかしてくるので、冷え対策にもオススメですよん。

それはともかく。
『声優カフェ』に来たからには、プロの『声』を堪能しなきゃ!

店員さんを呼んで
「○○さんに、3番の『エースパイロット』のセリフをお願いします」
とお願いすると、カウンターにいたはずの○○さんが急にバックヤードに下がる。
どーやら直前練習をしているらしい。
練習しとけよ!あせあせ(飛び散る汗)
いや、慣れたセリフでも油断せず練習を欠かさない姿勢が尊いのか?

ともあれ、1分ほどしてご指名の声優さんと、お店のサブチーフぽい声優さんがマイク前に登場。
「1番テーブルから御注文いただきました。○○くんで、『思春期、戦いたくないけど周りの人を守るために戦うエースパイロット』」
「・・・『あけても暮れても戦争ばかり・・・俺たちの生きる意味は一体なんなんだ!』」
みたいなセリフを(詳しくは覚えてない)4文セットで演技してくれます。

全部で1分間くらいかなー。
さっすがプロ、迫力もあって楽しいですよ。

しかも私たちの席はマイクのドまん前だったので、セリフを読むときの顔も間近でみられていい経験でした!
声優さんはやりにくいかもしれないけどね。

さて、次は王道をお願いしてみようかなー。
「▲▲さんに『王子様』をお願いします」

そしたら、当の▲▲さんが席にやってきた。
「ご注文ありがとうございます。『王子様』なんですけど、綺麗系の王子様がいいですか?それとも『バカ王子』がいいでしょうか?」
なんと!
王子にもいろいろバリエーションがあるのね!

どっちも聴いてみたい気がするけど・・・
「じゃあ、お任せします!」
相変わらずプロに丸投げでお任せな私。

少ししてマイク前に立った▲▲さんから飛び出した演技は
「ものども、私について参れ!必ずや敵国を打ち倒してみせようぞ〜〜〜〜!」
バカ王子だ!!揺れるハート
すっげー!
同じ文章なのに、表現力でちゃんと『バカ』を前面に出しちゃうんだな!

おもしろくなってきたのでまたまた遊んじゃえ!
一番若い○○くんをまたご指名。
「○○さんで『老執事』をお願いします!」

バックヤードがよりごにょごにょしはじめた。
「やったじゃん。お前『老執事』初めてだろ?」
「ちょ、ちょっと裏で練習してきます!」
初めてなのかよ!がく〜(落胆した顔)

そーして披露された『老執事』はちゃんと中年以降の男性声でした。
なんだろ。
ハリはあるのにツヤがなくてゆっくりめ?
そーかなるほど。
声質というのはこういう『技術』なのだなーと改めて納得。

ともあれ、『老執事』のセリフには
「お嬢様がお嫁入りされる日を考えるだけで、わたくしは心臓が止まりそうな思いでございます」
っていう一文があってだな。

つい
「あんまり嫁に行かなかったら、それはそれで後々心臓が止まりそうな思いになると思うけどな」
「そんなこと思いつくのはアンタくらいだよ・・・」
そ、そうかな?
夢とロマンが足りなすぎかな?たらーっ(汗)

などなど、小声でセリフにツッコミを入れつつ、声優さんの世界を満喫してきましたるんるん
声の演技や声優さんに興味のある人は、生の演技を見る貴重な機会だと思うし、行ってみて損はないですよ。

私たちは1時間ほど『声優カフェ』で過ごした後に、つづいての『仮面ライダー ザ・ダイナー』に行くためにまた池袋に戻ったのでした。
その様子はまたそのうちにねかわいい


posted by えはら at 11:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あいかわらずお忙しいようで。

マーティー・フリードマンって、昔は雲の上の存在みたいなギタリストでしたが、最近は日本人以上に日本人みたいな?ダニエル・カールとかデーブ・スペクターみたいになってきましたね(^^)
Posted by やえ at 2012年01月23日 14:02
■やえさん
相変わらず落ち着きないです(笑

音頭との異種格闘コラボでも
やっぱマーティー・フリードマンのギターはすごかったです!
アレをあーやって使っちゃうあたりが
タモリ倶楽部は贅沢というか才能のムダ遣いをいうか・・・
Posted by えはら at 2012年01月24日 08:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。