2013年10月08日

メガネでプチ変身

今日は仕事明けに一旦帰宅して晩ごはん食べてからヨサコイ練習、という予定だったんだけども。
そろそろ出かけようかなというタイミングでツイッターを開いたところ、無問題姐さんがNHK編成センターのツイートをリツイートしてて。

「【プチ変身〜めがね】Eテレきょう夜6:55〜「Rの法則」10代女子の79%がキュンときたことがあるという“メガネ男子”。キュンとくるメガネのしぐさを検証。さらに、メガネ女子の自慢のコレクションやメガネ集会に潜入! byEテレ編成 http://nhk.jp/rhousoku

なんですって!?
NHKがメガネ男子特集!??揺れるハート

これって私に見ろってことですよね無問題姐さん!
そーゆー動機でRTしてますよね!!

と勝手に一方通行で電波雷を受信し、急いで録画してからヨサコイ練習へGO!
おかげでちょっと遅刻しちゃったけどな。

帰宅ってすぐ見たよ。
なんでも「Rの法則」は10代男女にアレコレトークさせる番組なんだね。
なので、経験豊かな20〜30代のお兄さんたちが仕切る中で、10代がふわふわ自由にトークしてる構成でした。

そんで、街中の10代に
「この写真の子にはどういうメガネが似合う?そのメガネでキュンとくる仕草やシチュエーションは?」
とアンケートをとり、実際にそれをやってみてたんだけども。

たとえば、童顔の子には
「かわいい感じだから赤フレームの楕円がいいと思う」
まではわかる。

「目がかゆくて、メガネを押し上げながらゴシゴシしてほしい」
てのも、日常生活によくある萌えで非常においしい燃料だと思う。

でも
「彼女と歩いてるときに不良に絡まれて、彼女をかばったら顔を殴られた拍子にメガネが外れ、踏まれてしまった。
彼女から手渡されたメガネ(レンズが割れてる)をかけながら
「お前のためだったら、いいよ」
って言ってほしい」

は、少女マンガの読みすぎじゃねーのかっ!?ふらふら

10代のいたいけな少年はけなげにマジメに演じてましたけどね。
うん、ごめん。
弟系には萌えないタチなので、あんまどっちもキュンとこなかったわ。

続いては、なんとなく忍足を彷彿とさせる無造作黒髪ロン毛で濃いめの顔立ちな少年でしたが。
なんと選ばれたのは銀縁丸メガネ。
まんま忍足じゃねーか。
megane1.jpg

(注:テニスマンガです)

シチュエーション・その1
「女の子が机に座ってて、最初は立って話を聞いてるんだけど、机の前にしゃがんで目を合わせてから片手で無造作にメガネを外す」

シチュエーション・その2
「休み時間にメガネを外しながらぼんやりしてる彼に
「勉強教えてくれない?」
と頼んだら、片手でメガネをぞんざいにかけながらちょっと冷たい感じで
「そんなこともわかんないの?」
って言ってほしい」


それぞれ演じてみてから場内ジャッジをとったら、だいたい半々くらいの人気だった。
うっそお!
絶対2の方が萌えポイント高いだろ!!どんっ(衝撃)

司会のTOKIO山口くんが
「じゃあ、1に投票してた子に聞いてみようか。1はどんなトコにキュンときた?」

「やっぱメガネで変身っていっても、メガネ外した方がカッコいいじゃないですか。最後にカッコいいトコが見られるのがいいなって」

わかってないなーーーー!
メガネ男子はメガネがあってこそ光り輝くんだよ!
むしろメガネが本体で顔は添え物くらいの勢いだよ!どんっ(衝撃)

それをぜひとも、キョウリュウジャーの演出さんにも伝えたいんだ私は!
途中から加入になった助っ人キョウリュウバイオレットはとっても可愛い眼鏡っ娘なのだが。
ここぞという場面ではメガネを外させるんだよね演出さん。

あんなに可愛い眼鏡っ娘にメガネ外させちゃダメでしょ!
むしろキメ顔なら、メガネのフチのちょうど曲がるトコを人差し指と中指で押し上げて相手をにらみつけるくらいの方が絶対いいって!

おっとうっかりキョウリュウジャー話に。
強引に番組に戻るぞ!

山口「じゃあさ、2を選んだ子はどんなトコにキュンときたの?」

「なんか、私だけのためにメガネかけてくれたっていうのが特別な感じでいいですよね!あと冷たい感じもメガネのマジメさに合っててハートたち(複数ハート)

よし。
キミは眼鏡男子愛好会として認定しよう!
なにせ私と萌えツボが一緒だ。

ちなみに3人目は黒ブチ逆台形で
シチュ1
「授業中に熱心にノートとってたらメガネがズレてきたのでメガネのフチを無造作に上げてズレを直す」
シチュ2
「授業中、やる気なさそうに本を読んでいた彼が先生から指名されるが、頭のいい彼は問題を見ただけでスラスラと解いてしまった。その後、メガネをズリ下げて教師を一瞥する」

1はともかく、2の仕草の意味がわかんねーよ・・・。

ちなみに直すときにメガネのフチ指定なのは、
「真ん中を押し上げると無造作じゃなくてマジメすぎ感があるからダメ」
だってよ柳生。
megane2.jpg

結果として。
これだけ語り倒しましたが、番組はあんまり萌えませんでした。

ひとつには、私は老け顔の若い子が好きだというちょっと偏った顔の好みの問題があり。
もーひとつは、伊達眼鏡が好きじゃないというのがあると思う。

なんつーか、伊達眼鏡のプラスチックレンズはもやっとした透過度なので、見ててももやっとするんだよね。

春先に東京在住の男友達が遊びに来て一緒に食事したときに、向こうも眼鏡愛好会ということを初めて知り、熱く語った中で共通した見解は

「伊達眼鏡は邪道だよね!」

だった。

眼鏡異性愛好会としては、そりゃ異性がメガネであることはうれしいが、かけるならオシャレ伊達眼鏡ではなく実用ありきの眼鏡!
意味あるメガネということが重要なのですよ!手(グー)

その他にも
「フレームはやっぱセルよりメタルがいいよね!」
など、わざわざ東京と盛岡から集まって盛り上がるネタはそれか?というほど語り合いましたが。

傍目にはそれこそお互い実用ありきのメタルフレーム眼鏡をかけていてだな。
ものすごく遠まわしに愛の告白をしあっているととられてもおかしくないシチュエーションだが、語ってる内容は互いの萌えポイント。
ふ、不毛だなぁ・・・。

そーいや眼鏡といえば。
最近、ズレたメガネを上げようとして、ふと気付くと右手ひとさし指の背でレンズの左下を押し上げてるんだけども。
megane4.jpg

別に狙ってやってるわけじゃないんだよ!
ホントだよ信じてくれっ!
megane3.jpg

このオタクくさいクセを直す方法はないモンかなあ・・・(遠い目)。
posted by えはら at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 江原家のおバカな日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月06日

みんな集まれキョウリュウジャー

久しぶりのブログ更新でーす。
生きてますよー!

ここ最近はというと、7月から毎週のようにヨサコイ演舞のご依頼をいただき、週に1度はどこかで賑やかしているという現状。
さらにその合間を縫ってテニミュ見にいったり、ライブ見に行ったり、友達とスイーツ食い倒れたり、いろいろ。
です。

さて、近況報告はこれくらいにしてと。
今日は、バタバタしい最近の中でもとくに珍しいコトしたのでご報告。

そもそものきっかけから話すとですね。
うちのヨサコイチームには、チーム内アイドルがいまして。
6歳のMくん。
大変かわいい眼鏡っ子です。

演舞をすれば、おばちゃんからおひねりもらったりお菓子もらったり、その素直な愛らしさにみんなノックアウトハートたち(複数ハート)なちびアイドルなのですが。
この子が練習に来ると、真っ先に私に話しかけてくれるんだよ。

「あのねっ!キングはね!ガブティラが小っちゃくなってミニティラになるとね!ぐいってして、ガチャってして、ガブリボルバーと一緒になってね!そんでね!カーニバルでもっと強くなるんだよ!」

そう。
この子は大の「キョウリュウレッド好き」
何のきっかけでか、キョウリュウジャーの話をしたときに
「ゆうゆうさんは、おとななのにキョウリュウジャーのはなしがわかるんだ!ぴかぴか(新しい)
と、すごくうれしかったらしく。

以来、毎週の練習で会うたびに
「あのねっ!キングがね!胸のトコの石がピカッて光って・・・」
と、あらすじ説明をしてくれる。

そんで
「そうだったねー。キングのお父さんからもらったペンダントは秘石だったね!それでトリンが生き返っちゃうんだから秘石すごいね!」
とキョウリュウジャー話をすると、すごく満足して、うんってうなずいて。
そこから練習がようやく始まる流れがすっかり出来上がってるらしい。

たまに私が見逃していて
「あのねっ!トリンはね!ホントはデーボスだったんだよ!」
「そっかー」
という返事をしてしまうと、すごくしょぼーーーーーんとしてお母さんのところに帰る。

ご、ごめんよー!あせあせ(飛び散る汗)
ゆうゆうさん、もうキョウリュウジャー見逃さないから!!もうやだ〜(悲しい顔)

先日、水沢ヨサコイに参加するときも
「おかあさん!日曜日に行くとこ、山ある?」
「山?なんで?たぶんないよ」
「じゃあ車でキョウリュウジャーみれるね!」

この子は6月のよさこい津軽に行ったとき、ちょうど7:30が山にさしかかったあたりでワンセグ電波が入らなかったのをずっと覚えてたのか!
よっぽどキョウリュウジャー見られなかったのが残念だったんだろーなあ。

なので練習でも、休憩の合間などによく一緒にキョウリュウジャーのEDダンス「みんな集まれキョウリュウジャー」を踊ったりしてたんだよね。

キョウリュウジャー見ない人にはまったくわからない話だと思いますが、EDは、キョウリュウジャー6名だけでなく、なぜか敵の下っ端や幹部も一緒に踊る、なかなか愉快な映像があってですね。
そのダンスも非常にキャッチーなので、世の中の特撮好きっ子はたいていテレビ前で踊ってると思います。
ちなみに振り付けはパパイヤ鈴木さんです。
パパイヤさん、いい仕事するなあ。

そんで、4月くらいから、視聴者がそのダンスを踊っている動画を一緒に流す、という企画をやってるのね。
こんな感じで。
ED.jpg

もちろんその動画投稿も
「ゆうゆうさん、あれやりたい!」
といわれていたが、なにせ私は撮影機材を持ってない。
そこでヨサコイチーム代表ひまわりさんに相談をもちかけ、ビデオ撮影とDVD−Rに落とすトコまではひまわりさんにお願いし、そこから投稿までは私が担当する、という流れに。

録画の日取りは9月末〜10月中旬あたりの、演舞後にしよっかー、とざっくり決めてMくんに報告。
次の練習日、にっこにこの笑顔わーい(嬉しい顔)で寄って来たMくんの手には「キョウリュウジャー」CDCDが。

「あのね!これMが買ったんだよ!」
「・・・といってますが、お母さん」
「そーなんです(笑)」

なんと!
6歳児のおこづかいで買っちゃったかキョウリュウジャーCD!

そんなこんなで今日の演舞後に、みんなで踊って撮影することになりましたよ。
ここまで前置き。
相変わらず長いな!がく〜(落胆した顔)どんっ(衝撃)

練習中もちょこちょこ踊ってはいたものの、今日は有志で踊るので、みんなにも振り付けを伝えてと。
「撮影するのはサビのところだけなので、ここで振り確認やっちゃいましょーか」
駅前の滝の広場横(10m先ではゆるキャラまつりが開催されている)で突如練習。

るんるんみん・な・あつ・ま・れ・キョウ・リュウ・ジャーるんるん
と、歌いつつ踊って振りを伝えたら、Mくんのお母さんから
「ゆうゆうさん、ゴールドになってます(笑)」

しまったああああ!がく〜(落胆した顔)
私、ゴールドしか見てないから、最後のキメポーズはゴールドしかわかんねーや!

毎週毎週同じダンス見てるのになぜ気付かないかと思われるかもしれませんが。
好きなものはがっつりロックオンしてそこしか見ないクセがついてるんだよ・・・。
このブログ見てる人なら、これまでのテニミュ話でよくよくご存知とは思いますが。

あわててMくんに
「Mっ!ほかのキョウリュウジャーはどういう振り付けだったっけ?」
るんるん(踊りながら)みん・な・あつ・ま・れ・キョウ・リュウ・ジャーるんるんばーん!」

ああ、コイツもレッドしか見てねーや・・・。

・・・こーなってしまったからには仕方ない。
「私らヨサコイチームですから。最後の振り付けはヨサコイ的にいきましょう!コレとかコレとか!」
ヨサコイで決めに使われがちなポーズをいくつか指定して。
撮影場所に衣装のまんま移動〜。

したらば、ダンス練習中らしきお姉さんが2人。
「あのぅ〜、これからココでちょっとキョウリュウジャーのEDダンスを撮影したいんですが、かまわないでしょうか?練習はそのまま続けていただいてて大丈夫ですから!」
「あっはいはい!大丈夫です!」

大変感じのいいお姉さんたちで、結局私たちが撮影終わるまで座ってみててくれたなあ。
サビだけなので正味1分強くらいの撮影でしたが、なにせ子どもも合わせて総勢11名の撮影だったので、すんなりとは行かなくてな。

隊列としては子ども5人が前、大人6人が後ろだったんだけども。
私が隣で踊ると思ってたMくんが、踊りながら後ろをしょっちゅう振り返ってしまい
「Mーっ!『直れ』っていうまで振り返るなーっあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
とかとか。

一般の方々もそこそこ行き来する場所で撮影したので、通りかかった方々に
「何あれ?」
という目でも見られましたが。
まぁ、ヨサコイやってれば
「何あれ?」
という目には否応なく晒されるので気にしない!

最終的にはテイク8くらいまで撮ったかな。
見守ってくれてたお姉さんたちにお礼を言って撤収〜。

するとMくんのお母さんが
「あのお姉さんたちも、脇で踊ってくれてましたよ」
といううれしい一言が!

お姉さんたち
「たしかキョウリュウジャーとか言ってたよね。いつ放送されるのかな」
とか言って、キョウリュウジャー見始めてくれないかな!?
そんでウッチーの可愛さに目覚めてくれねーかな!??ひらめき

そうそう。
まだ撮ったばっかりなのでDVDも受け取ってはいませんが。
今のタイミングで動画を投稿すると、採用されたとしても12月〜2月の間の放送だそうです。
アイドルMくんもがんばってくれたので、採用されるといいな!
ちなみにキョウリュウジャーは毎週日曜日の朝7:30〜放送されてて、EDはだいたい7:55くらいからですよん。

今週から仮面ライダーも新しく「鎧武(がいむ)」が始まったので、この機会にニチアサタイムデビューしてみないかっ!?TV
posted by えはら at 22:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 江原家のおバカな日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月27日

比嘉水

テニミュテニス行ってきましたー!
日曜日に。

まあその話は、どーせ書き出すと長くなるので今日はヤメといて。
テニミュ会場で買ったグッズの話。

テニミュ2ndになってから、グッズの傾向がちょっと変わっておもしろいものを販売するようになったなあとは思ってたけど。
まさかこーゆーのが出ると思わなかったよ。
会場で見つけて即・購入決定。

それはコレだ!
どーーーーん!どんっ(衝撃)
hwater2.jpg

イケメンがプリントされたミネラルウォーター。
ちなみに、青学氷帝比嘉の3種類ありました。
私は比嘉だけ2本買ったけどな!

「1本は飲む用、もう1本は保存用るんるん
と思って2本買ったけど、よくよく考えたら、私こーゆーのもったいなくて開けられないタチだったわ・・・。

子どもの頃からわりとそういう傾向が強くてねぇ。
缶に入ってる硬式テニスボールを、
「開けるともったいない!ふらふら
と思ってずっと開けないまま棚にしまって使わないで持ち腐れたりとか。

数年前に発売されたGacktの絵が描かれた缶コーヒーも、もったいながって開けないまま、とっくの昔に賞味期限切れしてたりとか。

聖飢魔II解散の年に発売された聖飢魔IIチョコも開けてない状態だけど、もうパッケージ内で粉ふいてんだろうな・・・。

という、大変困ったクセがあるので。
比嘉水も飲まないまま、ずっと保管してしまう可能性が。

いや、買った当初は水飲んだ後もよーく洗ってドリンク入れにしよーと思ってたんですが。
持ち歩くとせっかくのパッケージがスレるじゃない?
だからなんとか、このデコボコをピッタリカバーできる透明なコーティングはできないものかなと考えてるんだけどね。
何かいい知恵があったらぜひご提供ください。

ともあれ。
こんな面白いモンを買ったからには、面白がってくれる人に見せたい。

というわけで、今日、職場に持ってった
だって職場の皆さんは別にオタクでもミーハーでもないから、こんなものを見る機会は長い一生でもたぶんないだろと思ったので。
別に見なくて損するよーなものでもないけどね。

お昼休みに、一番面白がってくれそーなMさん
「イケメンがプリントされたイケメン水ですぴかぴか(新しい)
とさっそくご披露。

「うわぁこんなん売ってんだ!写メ撮っていい?」
ドン引きせずに面白がってくださいました。
ありがたやありがたや。

隣のテーブルでお昼を食べていた元上司Sさん(男性)まで
「なんか今、聞き流せない単語が聞こえたんだけど、俺も見ていい?」
面白がってくださいました。
いい職場だなあ・・・。

お披露目が無事に終わってホクホクとロッカーに戻ったところ、現在担当している短期案件を一緒にやっているHさんとバッタリ遭遇。
「今、Mさんにコレ見せてきたトコなんですよ」
と比嘉水を見せたら

「コレ、テニプリの比嘉じゃない?」

えっ?
な、なんか、一般にはあまり流布しない単語がサラリと出てきませんでしたか今?

「たしか今、氷帝やってるよね?」
「あっはい」

Hさんは、元気と萌えがダダモレる私と違って、冷静に淡々と間違いない仕事をする系の頼りになるタイプの人で。
そのHさんとテニプリ用語とのギャップに対応しきれず、普通に返事する私。

しかも、今、テニミュで上演されてるのが氷帝戦だということまで把握済なんですかHさん。
えーと、えーと・・・もしかしてお友達に私のお仲間な方がいらっしゃるのだろーか・・・。

という謎を残したまま午後の仕事に突入。
無事に定時で仕事を終えてロッカーに移動したところで、長期案件の方の同僚Nさんとバッタリ遭遇。
せっかくなので比嘉水をお披露目してみた。

「ああーっ!コレ、仙台でやってるヤツですよね!」

えっ何その熱烈な反応。

「行ってきたんですか!?」
「日曜日に見てきました〜」

「いいなあー!私、一度見てみたいと思ってたんですよねー。あの、動画で見てて・・・」

ああ・・・たぶんそれは伝説の動画『あいつこそがテニスの王子様』なんだろーなー。

「私も動画で見てるうちに、いつのまにやら毎回見に行ってます」
「そうなんですか!私も見たいなと思ってるんですけど、あの、お客さんが小中学生とかすごく若そうで、なかなか・・・あせあせ(飛び散る汗)

いやむしろメイン客層は社会人だと思うぞ。
でも実際に見に行かないとそんなのわかんないもんね。

「大丈夫ですよー!日曜日も、私より確実に年上なオジサン客がいて、キャストとハイタッチとかしてましたもん」
「そーなんですか!勇気がでました!(笑)」

うん。
あの。
聖飢魔II信者を公言してたときにも思ったけど。

趣味をオープンにしてると
「実は私も好きなんだよね」
という人がこっそりカミングアウトしてくれることがちょくちょくある。

とはいえ。
イケメンミュージカルで売ってる、どう見てもミーハーなグッズでここまで反応があるとは思わなかったよ!あせあせ(飛び散る汗)
うーん、世の中よくわからない。

このテニプリ水を実際に手にとって見てみたいとゆー方は、ぎゃっぴぃさんが『サブカルバーAE』に提供する予定のよーです。
ぎゃぴさんは青学氷帝を1本ずつ買ってたから、きっと提供するのは氷帝verだと思います。

我が家にも比嘉水2本あることはあるけど。
・・・気が向いたら提供する、かもしれない。
すみませんこーゆーとこでケチケチと溜め込んだわりに開けもしない性格なんです・・・。

ちなみに、中身は奥長良川名水株式会社のホントに美味しい鉱水らしいですよー。
posted by えはら at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | テニミュ 岩手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月13日

南三陸町BEGINライブ

さて。
BEGINのライブを書くよ!と宣言しましたが、そういや祭り会場自体について書いてなかったなと。

南三陸町の歌津地区には「福幸商店街」という、やはり仮設店舗の商店街がありまして。
さんさん商店街より小さめだけどね。
そこに平行するような形で屋台もたくさん出てた。

ここで夏祭りするのは今回が初めてとのことだけど。
屋台の人たちもいろいろ工夫したりして、わりと行き届いてる感があった。
実行委員ががんばったんだろうなあ。
熱意を持ってあと一歩を踏み込まないと、いろいろな気配りや工夫って出てこないもんね。

屋台がかぎ型に配置されてて、真ん中が客席、西にステージ車という全体像。
ステージ前には広くブルーシートが敷かれていて、その後ろにパイプ椅子がずらーーっと並んでました。

しばらくは屋台を見て回ったりとか、ほや屋台で試食したりとかうろうろ。
ポストくんが西表島に流れ着いた縁から八重山諸島のブースもあり、八重山そばの無料配布もいただいちゃいました!
おいしかったー♪

そうこうしている間にBEGINのライブ準備が始まったため、私たちもブルーシートに移動。
したんだけど。
やっぱホラ、ブルーシートだから土足では上がれないでしょう。
そんなわけで靴脱いで裸足で上がったら、足の裏が痛い!!!あせあせ(飛び散る汗)

ううう。
ブルーシートの下、とんがった砂利だよぉ〜。
せめてブルーシートの下にダンボールでも敷いてくれたら・・・。
でも、それはそれでゲリラ雷雨(ついさっきあった)とかの後処理が大変なのか・・・。

なんてのんびり痛がっていられたのも、かなり客席に余裕があったからです。
ステージとブルーシートの間に4〜5mの空きがあったとはいえ、ブルーシート席7列目中央寄りに座れたからね。
普通のBEGINライブだったらありえないだろコレ。

そんで、えーと、たぶん17:30くらいにライブ開始。
最初の曲はなんだったかちょっと忘れてしまいました。
ゆったりと登場して、ゆったりと始まる。
なんか、沖縄の浜辺で気まぐれライブをやっているかのよーな空気感がいいねえ。

「南三陸町から流れたポストが西表島に流れ着いたっていうのは、一旦、ハワイまで行ってから、西表島まで来たんだよね。潮の流れを考えるとね。
 福島にさ、常磐ハワイアンセンター(現・スパリゾートハワイアンズ)ってあるでしょう。僕ずっと、なんで福島でハワイかなあと思ってたんだけど。
 今回、ポストくんがハワイまで長い旅をして西表島に来てくれたことでようやくわかった。昔からずっと、潮の流れは東北とハワイを繋いでたんだよね」


壮大なサイズの話だな!リゾート

「ということで今日は、常磐ハワイアンセンターからフラガールの皆さんに来てもらいました!」

えっ。
福島からフラガール3人も呼んじゃったのか!
こんな小さな祭りになんて豪華な!

というわけで次は『海の唄』。

アロハなメロディーにのせ、ゆったりと美しく舞うフラガールさんたち。
うーん、ここがどこだか忘れてしまうほど南国情緒あふれまくり

祭りのライブということで、年配の方も多いだろうし、どんな曲をやったらいいか迷ったというMCのあと、演奏されたのは、なんと「泳げたいやきくん」!
えええええ!
泳げたいやきくんって、こんなカッコいい曲だったっけ?

ややブルージー?に編曲されたたいやきくんは、ゆったりスタイリッシュに南三陸町の海を泳いでいました。
その後は加山雄三の「お嫁においで」もるんるん

つづいて(もしかしたら順番違うかも)
「子どもの頃に、朝おきたら母ちゃんがいなくてビックリしてさ。
『パーマ屋に行ったよ』
って言われてねえ。パーマ屋まで慌てて行ってみたら、パーマのでっかい機械が母ちゃんの頭にかぶさってて
『母ちゃんが機械に食われてる!』
って思ったよ」

なんていうほのぼのホラーなトークの後に

「旅立ちの曲ですが」
と、『パーマ屋ゆんた』。
歌詞は切ないのに、歌う声があんまりにも温かいから、内地に引っ越してしまう知人の娘さんに対する寂しさよりも応援の気持ちがじんわり伝わってくる。
今回のライブは、なぜこの地でこの曲を選んだのか、というBEGINさんの想いがしっとり温かく会場を包むよーな曲たちでした。

そんで、次は沖縄とハワイの物語を歌った歌でね。

「戦争のとき、沖縄の豚がみんな焼けてしまってねえ。ハワイには沖縄から移住した人がいたんだけど、その人たちが
『沖縄に豚がいないと、お祝いもなんにもできない。豚を贈ろう』
っていって、募金を集めたんだけど。
 どーやってお金を集めようか考えて、ラジオの番組を買い取ってね。番組に『ウルマメロディー』って名前をつけて、唄をたくさん流したんだよ。そこで募金を呼びかけて、集まったお金で豚を550頭、贈ったんだって。
 僕たちが今食べてる豚も、そのときの550頭から続いてきた豚なんだよね」


そーか・・・。
沖縄旅行ですごくおいしかった豚も、もとはといえばウルマメロディー募金から始まってたのか。

「ありがとうって想いをこめて『ウルマメロディー』って曲を作りました。
 でもね、贈った人たちから
『豚だけじゃない。山羊も贈った』
って言われて(笑)」


そういや山羊ミルクも沖縄の味だなあ。

「そんなわけで2番には山羊も入ってます(笑)。聴いてください。『ウルマメロディー』」

本当に「ありがとう」でできた曲。
ほわっと明るくて、陽気で。

 遠く言葉は違っても 虹のたもとの島と島

って歌詞が、さらに心を和ませてくれるねえ。

実は前半の曲順があやふやで、1曲目が「海の唄」で2曲目フラ入りが「ウルマメロディー」だった可能性もありますが、そこらへんは華麗にスルーしてください。

その後、ボーカルの比嘉さんが
「今日はまあこんな感じでやっていこうかなと。みんな、何の曲聞きたい?」
直接リクエストを取ってました。
なんだこの贅沢さは!

ファンの方々は口々に
「三線(さんしん)の花ー!」
「カンカラ三線ー!」
「オジー自慢のオリオンビール!」
ってリクエストしてたから、BEGINファンにとっては珍しくない出来事なのだろーか・・・。

「『カンカラ三線』は絶対やんねーぞ(笑)」
と答えてたけどね。

というわけでまずは「三線の花」。
亡くなったオジーの形見である三線を見つけて思い出がよみがえる歌。

 家族を眺めながら 飲む酒はどんな味
 眠りにつく前の 唄は誰の唄
 喜びも哀しみも いつの日か歌えるのなら この島の土の中
 秋に泣き 冬に耐え 春に咲く 三線の花


このお祭りにいる方々は南三陸町の人がほとんどだろうから、家族を亡くされてる方も多いんだろうと思う。
その方々にはこの歌がどんなふうに響いたのかな。

しっとりした空気をまた盛り上げるよーに、「オジー自慢のオリオンビール」に突入♪
ビーチパーリィでわちゃわちゃと盛り上がるよーな曲調の中、

 戦後復帰を迎えた頃は みんなおんなじ夢を見た

のところでフッと演奏が止まり、唐突にMC。

「ホントにね、夢はいろいろある方がいい!
 僕らの夢はね、やっぱり地元の高校が甲子園出場ですよ。
 この季節になると、『こんなにいたのか!』っていうくらい県人会の人たちがでてきてね、甲子園出場!って夢を語り合ったりして(笑)。
 だからねー、八重山商工が甲子園でたときは盛り上がったさー!
 でもまだ、八重山高校と、あと八重山農林高校だっけ?2校あるからね。甲子園にでてほしい!」


等々、夢の話でひとしきり盛り上がったあと

「あれ?何の話してたかね?
 あ!曲の途中だったね!」


ええええええ!
曲途中MCで曲忘れるってマジか!がく〜(落胆した顔)
MCが長いことで一部に有名なデーモン閣下でさえそれはなかった(笑)
いいなーこのゆったり感揺れるハート

なんでここでMCを挟んだかとゆーと。
げんこつのグーから親指と小指をピンと伸ばしたハンドサインをしめして

「今日はね、ポストくんおかえりのお祭りだから、エアージョッキで乾杯しましょう!ジョッキにオリオンビール入ってると思って、『あっり乾杯!ビール』でみんなと一緒に乾杯。良い子はジュース入れてね」

よし、良い子だしエアジュースいれとくか。

「夢は色々ある方がいい 夢の数だけ・・・あっり乾杯!ビール

から、また曲が再開。

 新築祝いで あっり乾杯!ビール
 入学祝いで あっり乾杯!ビール
 卒業祝いで あっり乾杯!ビール
 にーびちさびたん あっり乾杯!ビール
 オジーと一緒に あっり乾杯!!ビール


いやぁ、エアー乾杯も盛り上がるねビール

そしてラストの『島人ぬ宝』へ。
この曲が大好きなので、聴けてホントによかった。
変わっていく故郷を残せるほど、故郷について知らない、という歌詞もあって、ちょっと切ないイメージもあったのですが、生で聴いた『島人ぬ宝』はとにかく故郷への愛に裏打ちされた温かい曲だったなあ。
 
じわーんと余韻に浸ってたら、比嘉さん自ら
「よし!アンコール行くぞ!『かりゆしの夜』、お祝いの唄です。
 僕が『イヤササ』って言ったら、『イヤササ』って、『ティーリ』って言ったら『シターリ』って返してね。じゃあやってみよっか。イヤササ!」

「「「いやささ」」」
「ティーリ!」
「「「したーり!」」」
「うん。カンタンでしょ?じゃあ行こっか。『かりゆしの夜』!」

掛け声も楽しいねーひらめき
ちょっとだけウチナンチュ気分。
さらに曲中のMCで

「一緒にカチャーシー踊ろうさあ。両手を上げて、
『窓あけよっかな、やっぱ閉めよっかな、開けよっかな、閉めよっかな』
 これでカチャーシーが踊れます!」


嘘のよーにカンタンなカチャーシーの説明。
さらには八重山諸島ブースに向かって

「ミス八重山もあがってきて!みんなに見本みてもらおうよ」
「ばいーぐる(新石垣空港キャラ)も!ピカリャ〜(竹富島キャラ)も、ポストくん(戻ってきたポストキャラ)も一緒に踊ろうさあ!」


ステージ上にミス八重山、ステージ下にはゆるキャラ大集合、客席もけっこう立ち上がって、曲に合わせてカチャーシー。
これ、手だけで窓を開けたり閉めたりしてると格好とりにくい。
通にだけ伝わる表現をすると『忍足盆踊り』っぽい。
けど、足でリズムとると格段にカチャーシーっぽくなるな!

砂利で痛いけど楽しいから気にしないるんるん

最後はどんどんリズムが早くなって、みんなでわきゃわきゃ踊って、ポストくん郵便局のジャンプで〆!
楽しいライブだったー!

さらに追加のサプライズもあったのよん。
ポストくんが歌津に戻ったことを記念した曲「歌津さきてけさい」を書き下ろしたんだって!
そんで、盆踊りになればいいなーとの思いから、地元のヨサコイチームさんに振り付けを頼んで、急遽みんなで踊ることに。
このサプライズは早くもWikipediaに載ってます。

歌詞は地元の子どもたちに聞いて作ったのだそーですが。
「あんださんも(あちら様も)こんださんも(こちら様も)わいわいきてけさい、歌津さきてけさい(歌津に来てください)
この、南三陸の「〜してけさい」って方言、大好きなのよね〜。

ヨサコイチームさんも当日急いで曲聞いて振りをつけたらしく、ちょっとあやふやでしたが、みんなで踊っちゃえるんるんなノリで盆踊りしましたよ。
さすがに日頃鍛えてるから、振り付け覚えるのは早かったとプチ自慢。
ヨサコイチームにありがちな面倒な振りもなく、すごくいい振り付けだったと思いますよ。

その後、BEGINさんたちは一旦降壇。
ステージでは願いを書き込んだバルーンを飛ばしたりなどイベントが進み、19時からLIGHT UP NIPPONの花火が始まりました。

最初はLIGHT UP NIPPONテーマソングにあわせての打ち上げだったのですが。
花火の数が少ない中で20分くらいに伸ばす、という運営上の都合もあってか、始まって5分くらいで曲が終わったときに一旦花火が止みました。
そんで地元の和太鼓チームが登場。
1曲披露されてから、つづいての曲に合わせて花火が再開。

いいねー和太鼓と花火!
私の好きなものと好きなものが融合して大好きな演出ハートたち(複数ハート)

和太鼓がおそらく3〜4曲披露されたあたりで花火は中断し、東日本大震災復興テーマソング『花は咲く』をバックにまたも花火再開。
全部で30〜40分くらい花火やってたんじゃないかな?

そしてその花火の間、なんと。
ステージ上でBEGINさんたちがビール飲んでる!
こっこの・・・全然芸能人っぽくない垣根のなさが大好きです。

よくよく聞くと、この日の祭りの初めからBEGINさんたちは会場入りしてて、デングリー(メンコのようなもの)大会を手伝ったりなど、まるっきりスタッフのようにお祭りを一緒に盛り上げてくれてたそうです。

今回のライブなどなどを通して、なんとなく、BEGINの歌は南国のあたたかい雨のようだなぁと。
言っとくけどスコールじゃないぞ。

決して凍えさせることなく、やさしく潤して、次に希望が芽吹く力を与えてくれる。
なぐさめるのとも違う。
叱咤激励とも違う。
負担にならない『はげます力』を感じました。

すっごく偶然だったけど、このライブが見られてよかったなぁ。
誘ってくれた上に花火大会があることも発見してくれた友人に感謝感謝!です(直接言え)。


追記ペン今回歌われたBEGINの曲一覧(歌詞リンク付き)
海の唄
パーマ屋ゆんた
ウルマメロディー
三線の花
オジー自慢のオリオンビール
島人ぬ宝
かりゆしの夜
posted by えはら at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 江原家のおバカな日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月12日

北三陸市じゃありません

南三陸町に行ってきました!

東日本大震災で津波被害にあい、未だに復旧のめどが立っていない地域ではあるのですが、ちょっと特徴のある復興活動をいろいろがんばっているのですね。
そんなわけで以前にも一度訪問し、今回2度目です。

おもしろい取り組みのひとつに、キラキラ丼というのがあって。
夏は南三陸町の特産のひとつであるウニに焦点をあてて、「キラキラ丼」の名称をつけて町内のいろいろな店でウニ丼を一斉に提供しはじめたのです。

しかも、キラキラ丼を取り扱う店舗のうち2/3は、復興のために一時的に作られた仮説店舗のショッピングセンター「南三陸さんさん商店街」の中にあるので、町内を巡り歩かなくても1ヶ所で様々なウニ丼を選んで迷い放題!揺れるハート
こと食べ物に関してはビックリするほど優柔不断な私には、非常〜にうれしい作りです。

いやぁ・・・つい食い意地が欲張ってしまってですね。
「あ、アレいいな!でもこっちもおいしそう・・・」
と目移りするため、一度メニューで迷うとものすごく迷路にハマりこむんだよ!

今回も迷った。
一度来た商店街なのに。
以前にもキラキラ丼食べたのに。

というわけで今回、迷いに迷って選んだキラキラ丼はコレだ!
どん!!!!!どんっ(衝撃)
130811_131218.jpg

どーよ!
ウニがキラキラでしょ!?
キラキラ丼の名に恥じない美しさでしょー!!ぴかぴか(新しい)

左上にちょこっと見えてるのはアジシオです。
運ばれてきたときに醤油より先に塩が見えて
「あれ?ウニ丼は醤油じゃないの?」
と思ってたら

「新鮮なウニを使用していますので、はじめに塩をかけて召し上がってみてください」
とのこと。

ほぉ。
そーゆーモンですか。
私、ウニと醤油の取り合わせが好きなんだけどな。

まあオススメされたからには試してみようと、塩をちょいちょいかけて食べてみた。

うっまあああああああああーーーーー!ハートたち(複数ハート)

なんだコレ!
あの、海で獲れたての殻ウニを割って、まだ海水が殻の中にちゃぽちゃぽしてるときの、あの味だ!
すっげー!
新鮮なウニだとこんな味わい方もできるんだ!揺れるハート

思わず、真向かいで食べてた友人にも
「ちょっと食べてみてっ!」
と薦めてしまった。
友人も別の店のウニ丼食べてるってのに。

すばらしく美味なキラキラ丼でおなかいっぱいになった後にはfacebook連動企画でステッカーやピンバッジもいただいてしまいました。
そんでさらに、自宅へのお土産を買おうかなーと思ってた矢先に、なにやら最近聞きなれた音が。

ゴロゴロゴロ・・・という雷の音がしたなあ、と思ったときには大粒の雨がバタバタと降ってきて、そのままゲリラ雷雨!雷

うひゃー、なんだコレ。
おとといみたいにこのまま止まなかったらどーしよう。
このあと、町内の別会場で行われている祭りにも行く予定なのに。

第一、こんな好天の日に傘なんか持ってきてないぞ?
と思ったら、同行した友人がお気遣いの紳士で傘2本持ってきてたらしい。
ありがたーくお借りしてるうちに、ゲリラ雷雨もあっという間に止んでくれました。
こーゆーのを通り雨っていうんだねえ。

とまあ、そんなこんながありつつ、自宅用に魚介類をいくつか買って、お祭り会場へGO!車(セダン)

南三陸さんさん商店街は志津川地区というところにあるのですが、お祭り会場は歌津地区。
約10kmほど北に移動。
8月11日はそこで花火大会があるんだ〜。

この花火大会は、東北から北関東にかけての太平洋沿岸の数か所で「追悼」と「復興」の意味を 込めて花火を一斉に打ち上げるプロジェクト「LIGHT UP NIPPON」というイベントでして。
全国11ヶ所で、同じように花火が打ち上げられるんだって。
岩手でも野田、宮古、山田、大槌、釜石、大船渡、陸前高田で開催されたから、ニュースなどで見た人も多いんじゃないかな?

さらに今回は、震災で流された歌津地区の郵便ポスト郵便局が沖縄でみつかり、返ってくることを記念して「おかえりポストくん」というお祭りも同時企画されました。
とはいえ、祭りの内容についてはサイトにコレしか記載されてなかったので
「地域のサークルとかがかわりばんこに披露していくんだろうなあ」
と思っていたところ。

facebook三陸町ページで、なんと!
BEGINが来ていることが発覚。
2013y08m13d_011159146.jpg

えーっBEGIN!?
私、大好きなんだよBEGIN!
FMラジオ「オーリトーリFM」とかも以前はよく聴いてたし。
このあいだも高松の「COM ON」さん主催の歌会で「島人ぬ宝」をリクエストしたら知ってるの私だけで、すっかりソロ歌唱になっちゃったけど最後まで歌いきるくらい好きだよ!

というわけでBEGINのライブとその後の花火大会については明日書く!
覚えてる限りみっっっちり書くからねーるんるん
posted by えはら at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 江原家のおバカな日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月07日

テニキャライメージ

今日、こんなツイートを見かけてですね。


註:ツイ主さんが非公開に変更してしまったため、現在は画像を見ることができませんが
 「手塚一派の桃」というタイトルがついた、本物のフルーツの桃が販売されている画像でした。


確かに強そうだ・・・。
テニス上手そうなイメージしかないな・・・。
フルーツの旨みとかがまったく伝わってこないネーミングだな・・・。

と感心したところで。
ふと、それぞれどんなイメージなのか気になった。

たしかにテニスが上手いといえば手塚だ。
手塚といえば神がかり的にテニス上手い人だ。
でも主人公な『テニスの王子様』は手塚じゃなくて越前リョーマ

ところがリョーマのイメージはといえば、一言でいえば『謎』。
もしくは『予測不能』。
あまりにも突きぬけすぎてて逆にテニスのイメージがない。

というわけで。
これからずらっと、独断と偏見の『テニヌキャライメージ』をひたすら挙げますが、さすがに興味ない人が多いだろうから、見たい人だけ続きを読むをクリックしてください。

続きを読む
posted by えはら at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 江原家のおバカな日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月29日

出演情報

まもなく夏祭りシーズン!
というわけでワタクシ出演情報〜るんるん(誰得?たらーっ(汗)

位置情報7月31日(水)19:20〜19:50 さんさ前夜祭 in 盛岡駅前滝の広場

これはYosakoiチーム鴒での出演です。
新曲「彩夏」を歌ってくれた宮古市出身シンガー金澤未咲ちゃんの生歌で踊っちゃうぞー揺れるハート
当日は屋台も出るし、17:30〜はAriaも出演するし、ぜひぜひお仕事帰りなどに寄ってゆっくりしていってね!
ちなみに立ち位置はたぶん左(お客様から見たら右端)

位置情報8月2日(金)18:24〜19:06 さんさ踊りパレード第2集団1組目

これは地元である上堂・安倍館自治会&ホーマック株式会社で出演です。
さすがにさんさなので衣装も浴衣ですよ。
立ち位置はよくわかんないけどパレードの進行方向に向かって右側配置になるんじゃないかなと。
水色の浴衣着てますので見つけたら冷やかしてください。

さんさ出場当日までゆっくりした時間は今日しかないので、母から浴衣着付けの手ほどきをうけましたが、なにせ本気で着物を着付けられる母。
黙々と作業が進んでしまい

「あのさ母さん。着付けるんじゃなくて教えてくれない?」
「わかってるんだけどつい手が出ちゃって」
「うん。それはわかるけど教えてくれない?」
「もういーや。着付けに行くから(笑)」

というわけで、2日は仕事が終わったら母と合流して浴衣を着付けてもらうことになりましたよ。
まぁ、私が自力で着るよりはよっぽど着崩れしないだろうあせあせ(飛び散る汗)

そのほかにも、さんさ期間はちょいちょい青年会議所の輪踊りなんかにも参加してると思うので、見かけたら声かけてくださいね〜ひらめき
posted by えはら at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 江原家のおバカな日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月28日

久しぶりにイメージチェンジ

パーマをかけました。
以前にパーマをかけたことを思い返してみると、もはや思い返せないほど前のことですが、少なくともここ3年は確実にパーマかけてないと思う。

なぜ急にパーマをかけることを思いついたかとゆーと。
それは美容院で注文した一言に尽きる。

「趣味でヨサコイをやってるんですが、ポニーテールを高い位置で結んで逆毛立てるのがめんどくさくなったので、パーマかけたらカンタンかなと思いまして」

そーなんです。
もとからいろいろ髪型とかは工夫してたんだけども。
今年から衣装新調とともに髪型も
「ポニテにして逆毛立てる」
になりまして。

まあ、ちょうどポニテができる長さになってたのもあったので、そーやってたんだけどね。
まず自分の髪って逆毛立てられないですよ。
もともと不器用なのに。
まして頭頂部からやや後ろの髪。
逆毛立て終わる頃には腕が疲れて上がらなくなるよ!

という経緯があり。
さらにはこのヨサコイシーズン、実は9月末まで毎週1回は演舞が入っているという、なかなかうれしい過密スケジュールなのです。

毎度毎度、演舞のたびにメンバーに頭を突き出して
「すみませんが逆毛立ててください」
とお願いしているものの、その人に逆に頼まれても私は不器用なのでうまくできないという状況。

だったらもう、逆毛立てなくてもいいよーな状況にしちゃえ☆
というわけでパーマを決意したんですよ。

そもそも、私はあまり美容院に行かない方なんじゃないかな。
司会が入っても、不器用な私が唯一「夜会巻き」だけは得意なので、自分で夜会巻きにしちゃうし。
一度切ったら、よほど不恰好でない限り
「うーん、頭重いたらーっ(汗)
と感じるまでは切りに行く決心がつかない。

変なたとえだけど、これは携帯電話携帯電話の買い替えなどにも同じ傾向がみられるんだよ。
基本的に、壊れるまでは変えない。
なので世の中にこれほどスマホが増えても未だにガラケー。

理由:だってまだ全然使えるし。

という買い替えスタイルで使い続けた結果、2台前の携帯は、司会に行った先のホテルマンにふと見られた際
「うわっ!画面がモノクロな携帯、俺ひさしぶりに見た!あせあせ(飛び散る汗)
という化石扱いを受けました・・・。

たしかその前かもう1台前くらいは
「え?メール機能ないの?携帯メール使えないと不便じゃない!?あせあせ(飛び散る汗)
と、やはり化石扱いされた1999年(ラジオパーソナリティーやってる頃の出来事だから年代がはっきりわかる)

話を美容院に戻してと。
美容師さんは以前から見知っている、面白いもの好きな方なのでウキウキと相談に乗ってくださいましたが

「長さがかなりギリですよね・・・たらーっ(汗)

そーなんですよね。
ポニテにしたらそこそこ逆毛立つけど、実際の長さは襟足の髪がポニテ位置に届くかどうか、くらい。
パーマかけたら、うねる分、確実に長さが足りなくなります。

「あと、けっこう梳いていいですか?この髪にパーマかけたら大変なことに(笑)」

そーなんですよね!
実は私の髪はやたらと多いのです。
さらに天パのわりにストレート方面にそこそこ元気なため、逆毛立ててくれてる人が
「なっ、なかなかふわふわにならない!あせあせ(飛び散る汗)しかも多いし!あせあせ(飛び散る汗)
と苦労してしまうのですよ!もうやだ〜(悲しい顔)

この量で、望むよーな「逆毛立てなくてもいいパーマ」をかけると、ポニテにした際にブロッコリーみたいな有様になってしまい、日常生活がめんどくさい。
という事態をあらかじめ予見した美容師さんが、うまーい具合に調節してくれました。

そんでもって、この土日に依頼されていたヨサコイ演舞にもこの髪で行ってきたぜー!
土曜は美容院からほぼ直行だったので、美容師さんが
「演舞っぽくセットしちゃいましょうかるんるん
とノリノリでセットしてくださった結果、上でふわっとしてるけどサイドがきっちり上がっていて、しかも左サイドは細かい編みこみまでされていてキラキラスプレーまでかかってるというさすがのプロ仕様。

今日は、洗って乾かしたままとくにセットしないでポニテにしていって
「これで大丈夫ですか?」
「ふわふわしてるからOK!手(チョキ)
という、まさに狙い通りな状況になったわけですが。

・・・問題は、日常用のアレンジをまだ開発してないということですよ。
パーマかけに行く前はね、日常でもポニテにしようと思ってたの。
ちょっと落ち着く系のヘアケアものを使えば、演舞逆毛状態にならないだろうし。

ところが今日ポニテしてみたら、やっぱり長さが足りないですよ・・・。
襟足からサイドまで、かなりピンで留めてったにも関わらず、短い髪がわらわらちらほら・・・。

いっそ、伸びきるまでしばらくの間は結ばない、という手もあるにはあるけども。
ポニテの先がふわふわするようにパーマかけてるから、下ろすとややビミョーなのよねー。
しかもそれをカバーするブローの腕前が私にはないのよねー。

明日の朝はちょっと早く起きて、なんとか格闘してみよーと思います。
ヨサコイ逆毛ヘアで出社したら
「まだいいアレンジが見つからなかったんだな」
と、そっとスルーしてください職場の皆様ふらふら


拾い物紹介〜かわいい
何にでもつけられる下の句ベスト3 ぁゃιぃ(*゚ー゚)NEWS 2ndさんから
3つ目!
こんなところまで成長してたのかこの曲!!
posted by えはら at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 江原家のおバカな日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月25日

ゲーム機大戦

動画「ゲーム機大戦」にうっかりハマって全編通して見てしまったため真夜中更新です。
いや、もともと更新は不自然に23:59ばっかりだけども。

もともとはニコニコ動画で公開されていたらしい「ゲーム機大戦」ですが、寡聞にして知りませんで。
YouTubeの関連動画で知ったよ。
ちなみに関連づけられてた動画は、デカブルーや初代大石が出演している舞台のPV「ドリームジャンボ宝ぶね」だったよ。
どこがどう関連してんの!?がく〜(落胆した顔)

実は私、今でこそゲーム大好きですが、家庭用ゲームというのを28歳になるまでほぼやったことがありませんでした。
家にあったのはそれこそ家庭用ゲーム機の初代といわれる『テレビテニステニス』。
小さい頃に、なぜか父がクリスマスかなんかに買ってくれたんだよね。

4つか5つくらいからまったく家庭用ゲームをせず(途中でゲームウォッチや初代ポケモンなどにはハマったけど)24年も経ってから初体験したのが『ドラクエ3』。
当時の彼氏がスーファミ本体とセットでくれたのがきっかけでした。
「今、全然使ってないからあげるよ」
に非常に感謝したのですが、よくよく考えたら1999年時点では確かに全然使ってなかっただろうなスーファミ。

というわけで、この動画で語られる家庭用ゲーム機の歴史が非常に新鮮。
そーかSEGAは湯川専務を取り上げる前からネタ会社だったのか!ひらめき
とか。

見てみたい方は下のリンクからどぞー。
全編まとめた動画もアップされてるにはされてるけど、ブッ通しで見ると2時間近くかかるから、細切れに見た方が飽きなくていいぞ。
























posted by えはら at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 江原家のおバカな日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月20日

ヨサコイ演舞で熱中症

今日は県営球場で母校の野球応援野球をした後、アネックスカワトク前の「一里塚祭り」でヨサコイ演舞るんるん、夜はカムオンさんの「来音夜会」参加、という、一日まるまる予定入りな日だったわけですが。

ヨサコイ演舞、30分という時間をいただいていたので5曲演舞予定でした。
その1曲目でまさかの熱中症

まあ、ヨサコイやってたらね、夏の暑い盛りが主な演舞シーズンですし。
暑いからといって衣装勝手に脱げないし。
しかもその中で踊るという運動をするわけだから、熱中症とはそこそこお友達です。
だから倒れる前にセルフコントロールはできますよ。

でも普通は4〜5曲目で
「あ、やべぇな晴れ
という感覚が来て、気合で押し通した後に水分と塩分をがっつり補給するということが多いのですが。

1曲目で
「ああこりゃ熱中症」
と思ったのは、もしかしたら初めてじゃないかなあ。

というわけで、これまでと今回の何が違うのか考えてみた。


1.服装

実はうちのチーム、今年の5月『よさこいさんさ』で新曲を初披露させていただきまして、それにあわせて衣装も変えたの。
色は基本的にまったく同じ、というか、あえて変えなかったんだけどね。

【去年までの衣装】
Tシャツ、七分袖の長袢纏、ニッカボッカ、手甲(手首からヒジちょっと前まで)、黒スニーカー、髪飾り

【今年の衣装】
袖なしの中衣装(衿は浴衣状)、長袖で衿の立った上衣装、黒ズボン、脚絆、手甲(手の甲からヒジまで)、地下足袋、鉢巻、髪飾り

これにまあ、五色帯がついたりするわけですが。
大きく違うのは素材です。
Tシャツは綿だし、ニッカボッカもホントに作業用のところで買ってるから綿。
ついでに手甲も綿。
さすがに長袢纏は化繊だけど。

変わって、今回の衣装はというと、地下足袋以外は化繊です。
汗を吸わないため、中衣装の下には綿素材のタンクトップなどを着用してます。

つまり、服装全体が汗を吸わないものばかりな上に、首が二重に通気を止める形になっていて、足首も脚絆と地下足袋で覆われています。
こりゃ熱がこもるよね。
さらに、中衣装の下に1枚増えてる上に、上衣装も閉じてる形のため、胸から腹にかけては去年の1枚から今年は3枚に増えてるわけです。


2.体調

上記のよーにたいへん予定のつまった一日だったので、演舞までのスケジュールは以下の通りでした。
11:20〜13:20頃 炎天下の県営球場で野球応援
14:00〜 自宅で昼食(ラーメン半分と玄米いなりずし2個)
15:10 ヨサコイ演舞のため控え室集合
16:20〜16:50 演舞


演舞までほぼ休みなし。
しかも、朝は寒いくらいの気温だったので服装に迷い、結局、デニム・Tシャツ・帽子という装備ででかけました。

ヒジから先は日焼けしてるものの上腕部が真っ白だったので、上腕部の日焼けもしたいなと、日焼け止めはヒジから先しか塗ってませんでした。
というわけで上腕部は今も軽度の火傷で赤くなってる。
首〜肩は凍らせたタオルをかけてたから日差しは完全に防いでたけど。

なぜかこの日はあまり水分補給しなかったんだよね。
球場に持ってったフルーツ酢ドリンクも、350ccのボトル半分飲んだかどうか。
演舞前にスポーツドリンク500ccを半分くらい飲んだかな?

そういう状態で自宅でごはんをがっつり食べ、食後は休む間もなく着替えて控え室に車で移動。
家を出るときに
「ああ、まだ消化しきれてないな〜食べ過ぎた。演舞に影響しなきゃいいけど」
っていう感覚もあったんだよね。

つまり
・寒い朝からの気温変動に体がついてっていない
・炎天下では黙ってるだけでも予想以上に汗をかいている
・腕は火傷を負っている
・食事から運動まで間がないため、血液が消化にとられている
・塩分はとったけど水分補給が少ない

という体調。

これで食後に30分くらい食休みがあったらよかったんだろうけど。
今回はたまたまこういうタイミングでした。


3.天候

上記のように、朝は寒かったの。
で、ちょうど野球応援を始めたあたりでがっつりと晴れ、気温も急上昇。
でも湿度がちょっと高い、という天候でした。

ヨサコイ控え室にもクーラーはなく、自然の換気のみ。
「今日は蒸すねーあせあせ(飛び散る汗)
などといいながら、暑い衣装を着たりメイクしたりバタバタ。

演舞会場はアネックスカワトク前だったので、日影でした。
祭りだから人出は多かったなあ。
さらに今回はうちの出演者も多くて、よりぎっちりな感じ。
だから、不快指数というか、汗が発散しない『熱中症危険度』というのはそこそこ高い日だったんじゃないかと思います。

そんで控え室から日の照っている道を2分ほど歩いて会場に着き、休憩する時間もなくすぐ演舞、というタイミングだったかな。


4.症状

1曲目を踊りはじめたとき
「息苦しいな」
と思ったのが最初。

踊りながらヨロっとしたり、本当に軽く頭がボーッとする感覚があったので、ああこりゃ熱中症だなと。

2曲目はオリジナル曲だったのですが、構えの位置に入った時点で心臓がありえない速さでドコドコドコドコいってて
「これが噂に聞く、熱中症での頻脈か!」
という自覚症状がありました。

オリジナル曲では、中盤に上衣装をガッと開いて脱ぎ、袖なしの中衣装になるという場面があるので、とにかく
「あのポイントになったら衣装が涼しくなる!」
を心の支えに演舞。
立ち位置が、前半は中、後半は外だったのも、後半に涼しくなって乗り切れた理由のひとつかも。

3曲目、4曲目は激しくない踊りだったので、熱中症も落ち着いた感じ。
5曲目、激しい曲が始まった瞬間に
「ああコリャダメだなたらーっ(汗)
という感覚。

息苦しさが戻ってきたんだよね。
全力で踊らなければ最後までもつけど、全力やったらかなりの確率で倒れる。
いや、その前に踊りが覚束なくなる。

というわけで、途中からそっと演舞を抜け、ステージの裏を回ってマイク位置に移動し、掛け声係に専念しました。
ちょうどその曲だけ、代表ひまわりさんが掛け声やめて踊ってたんだよ。
これで、踊らないけどサボってるよーにも見えないぜやったー!ぴかぴか(新しい)


5.最大の原因

予定詰め過ぎ。


6.まとめ

こうしてみてみると、今回の熱中症は起こるべくして起こったよーな気もします。
今後の改善策としては
・踊る前に首筋などをしっかり冷やす
・運動前にエネルギー補給する際は胃に負担がかからないものを摂る
・炎天下である程度長時間すごした場合は水分補給をがっっっちりする
・演舞当日は怪我(日焼け含む)を極力避ける

などが挙げられるかな?

もちろん、これまでも気をつけてきた
・睡眠、休憩、塩分、ミネラル分、水分をしっかりとる
ってのも必須ですが。

これらの対策は、夏場のクラブ活動や海水浴リゾートにも応用できると思いますので、よかったら活用してね。
posted by えはら at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 江原家のおバカな日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。